2015年07月18日

満願/米澤穂信



 なにを今更、ではございますが、図書館から来たのがついこの間なので仕方がない。



 今のところ「米澤穂信、最高傑作!」と呼び声の高いこの短編集、『さよなら妖精』



『犬はどこだ』が実は好きなあたしとしては、「どこまで変わったのか」というのが気に



なるところ。 ずっと、ある意味“青春”を描いてきた人が、大人になってしまったのか?



 そしたらもう、「うぉお、いつの間にこんな乾いた文体を!」というくらい、ハードボイルドな



冒頭の一作目で度肝を抜かれてしまいました。



   短編〜中編で6編収録。



 『夜警』『死人宿』『柘榴』『万灯』『関守』『満願』と続きます。



 連作短編ではなくて、ひとつひとつが独立した物語。 けれど、すべての作品が「誰かの



願いが叶う・もしくは叶いかける」話ではあります。



 その“願い”がたとえどんな種類のものだとしても。



 完成度としては『夜警』がいちばんかもしれませんが(そして表題作の『満願』は連城



三紀彦に並び称されているのもわかる出来栄え)、あたしは『万灯』にやられました!



 日本(日本人)と先進国とはいえない外国(外国人)との関係性というか、そういう部分が



少し『さよなら妖精』を思い出させるからかもしれませんが(内容はまったく違うけど)、



米澤穂信の独自性ってこのあたりなんじゃないだろうか!



 勿論、すべてが完璧というわけではないし、少々甘いところも見受けられますが、



『犬はどこだ』の甘さっぷりに比べたら(好きだといっておきながらひどい言い様ですが)



ものすごい成長を感じてしまうのであります。



 短編集は長編に比べてなんとなく物足りなさというか、不完全燃焼感があったりもする



こともあるのですが、やはり短編ならではの切れ味と「これ以上必要ない!」という省略の



美学ってあるよなぁ・・・と思い出させていただきました。



 新作『王とサーカス』『さよなら妖精』の登場人物の一人が主役(成人後?)だそう



ですが、『犬はどこだ』の続編もお待ちしております。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック