2015年06月30日

想定外とはこのことか

 昨日はパソコンを開く余裕もなくダウンしてしまいました。
 今朝も「うぉぉ、仕事、行きたくない〜」という気持ちをどうにか振り切って這いずるように起き、仕事場へ。 低気圧が来ているせいだと思っていた。
 そして今日、珍しく仕事が早く終わったので「おぉ、今日は早く帰れるぞ!、どこか寄り道したい」気持ちは山々なのだが、どうも調子がよろしくないというか、気分が乗らない。 雨は降り始めてきたから気圧の変化のせいではないはず・・・と思ったら立ちくらみ。
 えっ、もう貧血の時期? 予測より早いんですけど。
 仕方がないので今日はまっすぐ帰ろう、と電車に乗れば、人身事故があったらしくダイヤが乱れている・・・これは仕方ない。 ホームのベンチに座り(普段は座らないのだが、よろけてホームに落ちたりしたら迷惑である)、図書館から借りている延長できない本を読み進める。 結構いいペースで進んでおります。
 それでも、いつもよりは確実に早く家に帰れた。 なんだか感慨深い。
 速攻でシャワーを浴び、洗濯機を回し、こうしてパソコンを開いたわけなのですが・・・。
 新幹線で火災、というニュース見出しにドッキリ。
 停まる駅が限られている早い新幹線なら、被害が拡大しそうというか、乗客の方々は大変だなぁ、と想像して恐ろしくなる。 そういうリスクは常にあるはずなのに、あまり意識していないということに。
 普段だって通勤に電車を利用しているけど、同じ車両に乗り合わせた人が焼身自殺図るなんて可能性、頭をよぎったことがない(地下を通るときは、「あぁ、このトンネルがもし崩落したら、死ぬな」と以前思ったことはあるが、すっかり慣れてしまったらしい)。
 ・・・こういう場合の個人の危機管理とは、どこまでできるものだろうか。

posted by かしこん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調 好不調の波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック