2015年06月18日

6月は苦手だが、アジサイは好き

 梅雨に入ろうが入るまいが(もう入ったけど)、しばらく前から空気の湿度があたしの限界を越えてきていた。 湿気が多いと体感温度が上がる。 ちょっと動けばすぐ汗をかく。 仕事場でも、あぁ、早く帰ってシャワー浴びたい、しか考えられないときがある。
 北東北では梅雨は一週間以内で終わるものという認識だったので、関西のいつまでも続く終わりの見えない梅雨は、あたしの少ないやる気を更に削ぎ取る(梅雨が明けたからといって涼しくなるわけではないし、一気に気温が上がれば飽和水蒸気量も増えるので結局湿気に苦しめられるのは一緒である)。
 とはいえ、乾燥は喉をやられる。 適正な湿度範囲ってせまいなー。
 そんなわけで5月・6月はとりわけあたしの苦手な時期である。 ピークの差はあれど、9月ぐらいまで(下手すれば10月になっても)不調は続く。
 ほんとに、暑さには耐えられない(でもそんなことを大阪や京都に住んでいる方に言ったらお叱りを受けるんだけど。 神戸はまだ過ごしやすい地域なのだぞ、と)。
 そんなあたしであるが、紫陽花は好きなのだ。

  アジサイ3.JPG 特にこういう、濃い青い色。

 改めて考えてみると、あたしは群れてわっと咲く花が好きなのかも。 アジサイもだし、ツツジも好き。 サクラ、アヤメ、ショウブ、コスモス、ミズバショウ、ユリ、バラ・・・(季節・群れる概念のずれは無視)。
 そういえばムーミン谷ではニョロニョロが好きだ。
 “集団としての美”に惹かれるのでしょうか。

ラベル:季節もの
posted by かしこん at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 季節のこと/街の中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこんさん、こんにちは。<br>
涼しいのにジメジメと汗ばむ、変な時期ですね。<br>
体調管理にお気を付けください。<br>
<br>
私も紫陽花、ツツジ、あとオオデマリ、ムスカリ、水仙、芍薬なんかが群れて咲いてるのが好きです。<br>
桜よりも好きですね。<br>
ブルー、赤、白と、はっきりした色が好きです。<br>
<br>
ところで昨日のアメトークの読書芸人面白かったです。<br>
お三方とも好みが私と全然違うのですが、<br>
「ウェルテル」のくだり(友人に勧めたけど読んでもらえなかった)は分かりすぎるほど分かって<br>
「そうそう!」と思わずテレビに向かって言いました。<br>
私も大好きだったなあ。そして同士を見つけられなかった作品です。<br>
Posted by みこ at 2016年12月04日 13:16
かしこんさん おはようございます<img src="/image/emoji/01.gif" border="0"><br>
ムシムシするのは ほんと嫌ですね。<br>
自然が多い我が家のへんは<br>
いろんな虫が活動しだして<br>
ムカデや足長バチと格闘しています<img src="/image/emoji/113.gif" border="0"><br>
<br>
紫陽花 私も大好きです<img src="/image/emoji/11.gif" border="0"><br>
特にブルー系が好きですね。<br>
最近の紫陽花は 豪華なのや面白いものも<br>
雨上がりの紫陽花は なんともいえません<img src="/image/emoji/04.gif" border="0">
Posted by ママ先生 at 2016年12月04日 13:16
みこさま<br>
<br>
おはようございます<img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><br>
あぁ、スイセンもありましたね<img src="/image/emoji/08.gif" border="0"><br>
あの黄色い群生にも心洗われます〜。<br>
<br>
“読書芸人”、私も見ました〜。<br>
又吉さんの『香水〜ある人殺しの物語』のセレクトは少し意外だったです。<br>
紹介されたのが日本の純文系が多かったので、もうちょっとエンタメ寄りとか、<br>
翻訳ものにも光を当ててほしかったですね。<br>
でも若干、あの内容では普段本を読まない人はついてこれたのかな、と心配です。<br>
<br>
そうなんですよねぇ、人に薦める本って難しいです。<br>
客観的に見ればわかることなのに、自分の好きな気持ちが強すぎて暴走しちゃう<br>
ときがありますよね<img src="/image/emoji/05.gif" border="0"><img src="/image/emoji/03.gif" border="0"><img src="/image/emoji/07.gif" border="0"><br>
そして<おすすめ10冊>、決めるのもめちゃめちゃ難しいというか、めんど<br>
くさい、という気持ち、とてもよくわかります。「どういうテーマで?」とか、<br>
条件づけしてもらったらなんとかいけるかもですが。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
ママ先生<br>
<br>
おはようございます<img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><br>
でもこの土日は最低気温も低め、ということでちょっと安心しています。<br>
でも月曜以降、「仕事行きたくない・・・暑い」になりそうな予感<img src="/image/emoji/06.gif" border="0"><br>
<br>
虫さんたちが活発になるのも、ちょっと困りますよね。<br>
自分の視界に入らないところにいてくれる分には全然いいんですが(勝手)。<br>
アシナガバチには子供の頃、刺されたことがあるので要警戒です(同じ<br>
種類のハチに二度目刺されるとアナフィラキシーショックを起こすので)。<br>
<br>
アジサイの園芸種、最近すごく増えましたよね。レインボーカラーのように<br>
なっているのも見ました。<br>
雨にぬれたアジサイには、なんだか心がなごみます<img src="/image/emoji/11.gif" border="0">
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
かしこんさん、こんにちは<br>
<br>
今まで1週間程度の梅雨しか体験してない方にとっては、これから8月までは辛い季節ですね。<br>
<br>
東京は、先週ヨットの整備をしている頃に梅雨入りしましたが、それ程蒸し暑くならず助かっています。<br>
<br>
ところでご紹介いただいた、フィリップ・カーのベルリン3部作、10日ほど前にやっと読み終わりました。<br>
<br>
特殊な時期、そして場所での何とも重苦しい雰囲気が、若いころ読んだレマルクの「西部戦線異状なし」「凱旋門」を思い起こさせてくれました。<br>
<br>
本棚から引っ張り出して読み直してみようと思います。
Posted by sailor at 2016年12月04日 13:16
sailorさま<br>
<br>
おはようございます。<br>
そうですね、気温がまだ抑え目ならばなんとかなります。でも20℃越えると<br>
「夏っ!」という認識の私としましては、梅雨ですがもう夏です・・・。<br>
<br>
<ベルリン三部作>、読破されたんですね!<br>
「こんなふうになるとは思っていなかった状況」になす術なく陥っていく<br>
(しかしその責任の一端はわずかながらも確かに自分にもある)、という<br>
悲哀が、歴史に巻き込まれる個人という存在なのでしょうか。<br>
<br>
『西部戦線異状なし』は映画は観ましたが原作があるのですね。気になります!
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
かしこんさん、こんばんは。<br>
ホント、10冊によくまとめたなって感じです。<br>
お勧め本というからには「好き」だけじゃだめですもんね。<br>
<br>
自分も好きな作品ならジャンル別に10冊前後ずつ<br>
ノートにまとめているのですが、<br>
どうしても思い出深い若い頃読んだ本が大半を占めています。<br>
ここ10年の作品では、上橋さん作品くらいしか<br>
ランクインしないかもです。<br>
<br>
30年ぶりに「ウェルテル」(高校時代に買ったもの)を出してみると<br>
220円でした。今の半分値ですね。<br>
同じ頃買った「赤ずきんちゃん」は新版を買い直しましたが<br>
「ウェルテル」は新版の表紙好きではなくて買えません。<br>
文字の大きめなのを買い直したいのですが・・・老後のために。
Posted by みこ at 2016年12月04日 13:16
みこさま<br>
<br>
おはようございます。<br>
やはり昔というか若い頃読んだ作品の印象深さは格別ですよね。<br>
その記憶は本の装丁込みなので、自分の期待とは違う方向に変えられると<br>
違和感が禁じえません・・・(だから『アルジャーノンに花束を』の表紙が<br>
変わったことにいまだに納得できていません。 当時は版元も「文庫には<br>
しない」と言っていたような記憶もあるし)。<br>
「装丁が素敵!」と思って、それで手にとって中身もそれ以上によかった、<br>
ということもありますしね。<br>
<br>
文庫も高くなりましたよね・・・<img src="/image/emoji/03.gif" border="0"><br>
どうせ読み直すならキレイな紙で、かつてよりも読みやすくなったフォント<br>
(サイズも行間も各社変わってきてますよね)で・・・といきたいのが<br>
人情ですが・・・。<br>
<br>
ほんと、人に本をお勧めするって難しいです!<br>
そう実感する出来事があったので、後日また記事にします。<br>
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック