2015年01月23日

トオリヌケ キンシ/加納朋子

 こちらも図書館から。 実は『秘密』を電車で読んでいて泣きそうになったので、いったん本を閉じて同じカバンの中に入っていたこの本に手をつけた。 6編入りの短編集。 冒頭の『トオリヌケ キンシ』がまた・・・泣けてしまったのであった。 で、その日はいさぎよく<泣いてしまうこと>を受け入れて、『秘密』(ケイト・モートン)を読み切ったのだった。

  トオリヌケキンシ.jpeg 連作短編ではないが、最後の話で他のエピソードの登場人物が出てくる(明確にわかる人と、もしかしてそうかな?のレベルと)おまけつき。

 『トオリヌケ キンシ』『平穏で平凡で、幸運な人生』『空蝉』はほぼ同じ構成。幼き(若き)日のエピソードから始まり、その後成長した主人公たちがあの日々の記憶によって救われる。 誰もわかってくれないという苦しみを抱えつつ、自分の思い込みが自分の首を絞めているということにも気付かないほど痛めつけられた過去を持つ人たちに、さりげなく訪れる救い。 つい泣いてしまいました。 時間軸の移動はそんなにないが、残り3編『フー・アー・ユー?』『座敷童と兎と亀と』『この出口の無い、閉ざされた部屋で』も、いろんな事情で「他の人には理解してもらえない」ことを抱えている人々の物語。 そこで自棄になるのも若さ故だし、ついお節介したくなるのは年長者の証かな。
 全体的に、加納朋子節が全開!
 『この出口の無い、閉ざされた世界で』は冒頭、非常に吉野朔美的でどぎまぎしてしまったけれど、中身はどの作品以上に加納朋子だった。
 あたしは『トオリヌケ キンシ』『空蝉』が特に印象深いかも。 泣いたから、というだけではなくて、後味のよくない内容を取り上げておきながらそれでもやっぱり読後感はよろしいから(その点、若竹七海と真逆なのだが、どっちも好きなあたしはヘンなのかな?)。
 もともと多作な人ではないが、結婚して子供を産んでから作品の発表ペースは落ち、病気してから更に落ち、回復に伴いちょっとずつ発表ペースが上がってきたのは大変よろこばしい。 病気が理由ならば仕方ないと受け入れられるが、結婚・出産は作者本人が自分で決めて選んだことだからとわかってはいるのだが、夫君も作家であるのでなんか微妙にムカつく部分があるのはファンの感情としてお許しいただきたい。 だからあたしは貫井徳郎の作品は読む気になれないのだ(この人の刊行ペースは全然落ちないどころか上がってるもんね!)。 勿論、生活を支えるという意味では片方の仕事量が減るのならばもう片方は増やしていかないといけない、というのはわかっていますよ。
 でも、作家はサラリーマンとは違うから!
 同じような理由で、あたしは長渕剛が大嫌いである(志穂美悦子は子供の頃のあたしの憧れだったのだから!)。 感情は、わかっていても整理できないのです。

ラベル:国内ミステリ
posted by かしこん at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック