2014年12月31日

サンバ/SAMBA



 <『最強のふたり』の監督エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ、俳優オマール・



シーが再びタッグを組んだコメディードラマ>
って言われたら、やっぱりついそういう



ノリのものを期待しちゃうじゃない。 しかし今回の題材は不法移民と国外退去問題。



 わ、笑えない・・・切実すぎる・・・。



 だからこのコピーにつられていくと肩すかし、という結果になること請け合い。 オマール・



シーの懐の深い演技力には驚かされたけど、これは宣伝方法を間違えたな、と思う。



   ビザなし、金なし、住所なし。

       持っているのは最強≠フ笑顔だけ。 彼の名は――



 セネガルから叔父を頼ってフランスにやって来て10年になるサンバ(オマール・シー)は、



叔父と同じように料理人になるべく地道に働いていた。 しかし、郵便事故でビザの更新日に



気がつかなかった(忘れてしまった?)ことが原因で国外退去命令を受けることに。



 そういう人は移民大国フランスではたくさんいるようで、移民協力ボランティア組織があり、



そこから派遣された二人の女性がサンバに協力を申し出る。 が、そのうちの一人アリス



(シャルロット・ゲンズブール)は、かつて燃え尽き症候群により大企業を辞めており、社会



復帰第一弾としてのこの仕事なので専門知識がそうあるわけではなく。 結構お先真っ暗な



状況にいるはずなのにいつも心は前向きなサンバに、アリスは興味をひかれていって・・・



という話。



 サンバと一緒に日雇いの仕事を探す、移民仲間でやたら陽気なウィルソン (タハール・



ラヒム)とのやりとりは面白く、確かにコメディ要素はあるのだが(あとは移民相談所で神経



衰弱気味のアリスが「自分のことばっかり言うな!」みたいにぶちぎれるシーンとか)・・・



そこぐらいなんですよね。 むしろ、7割シリアス顔をしているオマール・シーは意外にも



端正な顔立ちなんだなと気づかされてしまったりして(『最強の二人』では9割おどけて



ましたからね)。 だからコピーが言うほど笑顔のシーンも多くない。



   勿論、希望を捨てずに前向きでいることは

          いいことだし、素晴らしいエネルギーではあるが。



 シャルロット・ゲンズブールは・・・ごめん、『ニンフォマニアック』のイメージがまだ残って



まして(しかもどっちも神経衰弱な役柄だし。 こっちの方が常識の範囲内だけど)、やたら



アリスが気まぐれで薄情な人に見えてしまった。 でもフランスではそんなものなのかな?



(日本人なら「サンバに渡してくれ」とあずけられたマカロンを、おいしそうだからといって



勝手に食べたりしないよね?)。



 勿論、移民にまつわる問題を正面から取り上げてもっとシリアスにつくることはできた



だろうし、完全なるコメディにしてしまうこともできたかもしれない。 でも笑い飛ばせない



現実だからこそギリギリのところまで笑いを入れてもこれが限界です、ということなのかも



しれない。 どんなにつらい人生を送っていたとしても、ふとしたときにちょっとした笑いが



起こってしまうのは止められないかのように。



 前知識がまったくなかったら、また感じ方は違っていたかも。 でも『最強のふたり』



比較してくださいと最初に言われちゃったら・・・つらいです。



 やはり衣食住の安定って大事なんだな、病気のほうがむしろ笑い飛ばせるんだな、と



ヘンなところに感心してしまった。





 2014年、今年の映画鑑賞はこれにて最後になりました。



 長文にお付き合いくださいましてありがとうございます。



 それではみなさま、よいお年をお迎えくださいませ。


posted by かしこん at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこん師匠ご無沙汰してます。<br>
今年も毎日楽しく拝読させてもらいました。<br>
また、鑑賞すべき映画、読むべき本の選択にずいぶん参考にさせていただきました。<br>
<br>
感謝感謝ッス。<br>
<br>
手間暇かけ毎日記事を更新されるのは大変な作業とは思いますが、お体にご留意いただきながら、来年もどうかご指導よろしくお願いします。<br>
<br>
それでは良いお年を。
Posted by ノビキリ at 2016年12月04日 13:14
ノビキリさま<br>
<br>
あけましておめでとうございます。<br>
昨年中もいろいろとありがとうございました。<br>
今年もよろしくお願いいたします。<br>
<br>
ずっと読んでくださっていたのですね、ありがとうございます。<br>
偏った好み故、お役に立てるのは一部かと思いますが、それでも<br>
参考にしていただけるのはうれしいです。<br>
毎回だらだらと長文になってしまいますが、多分今年もこんな感じ<br>
だと思われますので、よろしければまたお付き合いくださいませませ。<br>
<br>
では、ノビキリさまにとって2015年がいい年になりますように。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック