2014年12月29日

インターステラー/INTERSTELLAR



 クリストファー・ノーランの新作がこんなに早く日本で観られるなんてね、といそいそして



行った。 監督の名で観客を呼べる数少ないタイプだと思っていたのだが・・・意外にも、



観客はそう多くなかった。 彼の作品の中でも<父と娘の愛>みたいにわかりやすい



テーマを掲げたもの自体、珍しいのに(一般受けしそうなのに)。



 それとも原因はSFか?、SFなのか!



   必ず、帰ってくる。

                 それは宇宙を超えた父娘の約束――。



 近未来、地球では年々環境汚染が進み、収穫できる農作物にも限りが出てきた。 大地は



常に砂嵐の危険と汚染にさらされ、人間たちは未来の姿を描けなくなってきた。 遠からぬ



未来に、地球は・人類は滅ぶのだろうと薄々感じ始めていたとき、元エンジニアで現在は



農夫のクーパー(マシュー・マコノヒー)の家である異変が起こる。 それを愛娘マーフ



(マッケンジー・フォイ)が信号メッセージととらえて、示す座標にふたりで向かえば、そこ



には地下に潜ったNASAが。 クーパーはかつて宇宙計画時代最後の優秀なパイロット



であり、人類移住計画を考えるブラント教授(マイケル・ケイン)に「人類が適応できる惑星を



探してきてほしい」と頼まれるが・・・という話。



 前半は少しずつ確実に滅びへの道をカウントダウンしている地球、後半は宇宙、という



強引な展開でありながら、その強引さをあまり感じさせないのは、ひとえにマシュー・マコノ



ヒーの説得力というか、地に足のついた感覚が物語の真ん中にいつもあるから、かもしれ



ない。 「なんでだよ!」と観客の気持ちを代弁してくれているからね。



 それにしても相変わらずの映像美で。



   辿りついてみたら、絶望的なほど氷の惑星。



 特にワームホールを映像化しちゃったことはびっくり!



 宇宙を描くとなると『2001年宇宙の旅』は避けて通れないのか、いろんなところに



オマージュが見え隠れ。 ただ絶対的に違うのはHALのようなコンピューターは出てこず、



むしろ見かけはレトロなロボットたちがやたら人間の感情を理解しているように感じられる



ところ。 だから科学技術への警鐘というよりも、どんな時代であっても人間の本質は



あやうい、という方向になっている。 あと、「決してあきらめない」みたいなフロンティア



精神というのか・・・そのへん、日本人ならあきらめてしまうというか、運命として受け入れ



そうな気がするので・・・。



 あとはウラシマ理論的時間の流れ問題。 SFネタ的には無理がある強引設定も結構



あるんだけど・・・そこは絶対唯一神がいることを是とする人たちの世界観だからってこと



で目をつむらねばならないだろうし、そうしておかないと物語が成立しないから知らない



振りをしておくことが得策です(あらさがししてたらロマンなくなっちゃうし!)。



 ハンス・ジマーの音楽は今回は重低音を多用していて、3DでもIMAXでもない普通の



映画館で観たのだけれど、宇宙船が大気圏突入していくときのような状態ではこっちの



座席も振動で揺れるほど。 意図しない疑似体験には、ちょっとはっとさせられました。



 それにしても豪華キャストで・・・マイケル・ケインはレギュラーだから絶対何かの役で



出ることはわかっていたけど、まさかこの人が!、みたいなびっくりもあり。



   小さな子どもたちはいつしか

       ジェシカ・チャステインとケイシー・アフレックに成長。



 アン・ハサウェイも出ていて、『ダークナイト』シリーズキャストだし、クリストファー・



ノーラン作品だからどんな端役でも出たい、というのが役者さんたちの気持ちなのかしら。



予想もしていなかった「こんな人が!」のサプライズ出演があります。



 結局、愛は地球(人類)を救う、という話に見えてしまうのが悲しい。



 きっと、もっと深遠な話だよね!


posted by かしこん at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック