2014年12月24日

残りあと、3冊。



 そんなわけで、他に買った本があと3冊。



   おかあさんとごいっしょ 1/逢坂みえこ



 久々の少女マンガコミックスフォーマット。 でも内容は、世間的にはいい大人と



思われている女性たちが、いかに“母親”という存在に苦悩しているか・・・という少女



マンガには重たすぎる内容。 でもそれを笑いでくるんで救いを持たせる感じにする



のがさすが。 でもこの先はどうなるんだろ・・・ドキドキ。



   天冥の標 [ ジャイアント・アークPART2

                      /小川一水




 第8部、パート1から始まったので「また3冊とか?!」と思ったけれど2冊目で終わり



とのこと。 次は第9部になります。 全10部完結予定なので、終わりが見えてきました!



 しかし、相変わらずひっぱる帯の言葉にぐさぐさ。



 次刊第9部のサブタイトルは『ヒトであるヒトとないヒトと』だそうなので・・・あぁ、なんか



怖いよう。



   凍える街/アンネ・ホルト



 ノルウェーのベストセラーシリーズの邦訳。 スウェーデンはある程度掘りつくされて



しまったのだろうか? 主人公が女性捜査官というのは最近珍しくないですが、同性の



パートナーと暮らす、という設定は新鮮というか、北欧でそういう関係はどう扱われて



いるのだろう、と気になる。 差別はそんなになさそうな気もするんだけど、そうでもない



のかなぁ。


posted by かしこん at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック