2014年11月25日

クーポンでランチ@BRASSERIE L'OBABON

 しばらく前から、シネ・リーブル神戸でフランスが絡む映画を見ると、元町のフレンチレストラン・BRASSERIE L'OBABON(ブラッスリー・ロバボン)のクーポン券をもらうことが多い(というか、結構毎回)。
 ずっと気になっていたのだが、なかなか行く機会がなく。
 で、何枚か有効期限を過ぎてしまったのだが・・・今回こそ行ってやる!、ということで予約を入れた。 ここで大丈夫か?、という細い道を通ったら、けっこうすぐにあるお気楽タイプの佇まい。
 ランチはワンプレートもあるが、映画のクーポンが使えるのはコースのみ。 メイン料理に前菜かデザートを選択、食後のお茶がついて1650円のところ、300円引きに。 本日のスープを追加すれば+450円というラインナップ(ちなみにディナーの場合1000円引きになります)。
 ま、デザートは好きだけどお茶の時間に食べたらいいし、前菜好きとしては前菜を選択しますよ。 そこにはいろんな要素が盛り込まれてますし、初めてのお店の傾向がわかる気がするし。

  CA3A1795.JPG そんなわけでオーダーした前菜。
 「お野菜中心の」と説明された割には、がっちり肉も魚介類もありますけど! たまごに至ってはまるまる一個だし! この一皿とバケットで、結構おなかいっぱいになるかも・・・。 でもこの一皿の中に、甘さや塩気、酸味、いろいろな歯ごたえが楽しめる。 見た目は少々地味ではあるが、実力は期待できそう。
 で、本日のスープは“ホワイトアスパラガスのスープ”だということで、追加オーダー(すみません、スープの写真はいつも撮り忘れます)。
 クリームスープだったのですが、ホワイトアスパラガスの青臭さがいい意味で残っていて、旬の生の感じがすごくきいている。 あぁ、おいしい〜。
 ギャルソンさんは料理の説明は大変丁寧にしてくれるものの、それ以外の点では大変フレンドリー。 場合によっては引きかねないほどなのだが、そこが微妙なラインで踏みとどまって笑っちゃう方になっているという・・・興味深い人だ。 面白い!

  CA3A1796.JPG メイン:ブリのグリル
 ちゃんとした料理の名前がついていたはずなのだが、忘れてしまった・・・。
 ブリの下にはマッシュポテト、シンプルなトマトソースに見えて何かされている。
 あ、結構おいしい! 一緒に行った人が「ブリがパサパサしてなくて、すごくジューシー!」とよろこんでいた。 パンでソースを全部拭いとって、完食。
 その後は紅茶でゆっくり。
 行方知れずのおかざきシェフの残像が強烈に残っているので、進んでフレンチに行く気にはなれなかったのですが、こんなお気楽系のお店なら気負わずにすみそう。
 ちょっと定期的に通いたいかな、のお店、発見です。

posted by かしこん at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック