2014年10月29日

No Sound Without Silence/The Script

 気がついたら、ザ・スクリプトの新作が出てました。
 勿論、輸入盤。 1st.のときの熱狂ぶりというか(いろんなFM局でパワープレイされていたりとか)、しっかり低価格日本盤が出ていたことが懐かしい。

  ザスクリプト05.jpg これで4枚目ですかね。

 イギリスのバンド。 ファーストアルバムが出たのが2008年だから、洋楽アーティストとしては比較的コンスタントにリリースしてくれている感じか。
 ジャンルとしてはポップス&ロックでしょうか。 ファーストではメンバーの好きな・影響を受けたアーティストの踏襲がストレートに出てましたが、2枚目からは昇華に変わり、これもその延長線上のような感じが。 ミディアムテンポの曲がほとんどで、ラップもほぼ姿を消し、“言葉数の多い歌詞”のレベルに落ち着いたようだ。 でもミディアムテンポの曲で人を心地よくさせるのは結構難しいのに(一歩間違うと同じような曲ばかりに聴こえてしまう)、かなり頑張っているといえると思う。
 流行り廃りに関係ない、自分たちの音楽を目指しているように感じるから。
 美しいメロディ、個性的だが正統派のヴォーカル、哲学的要素を含む歌詞。 このあたりがあたしが好きになる・聴き続けるポイントのようです。
 音楽を聴く習慣を少し忘れてたけど(PCでWOWOWメンバーズオンデマンドでドラマや映画をBGM代わりにしていた)、ちゃんとプレーヤーにかけてイヤフォンをして、聴くのはやっぱりいいな。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック