2014年08月16日

今、そこにある明滅と群生/高橋優

 先日、キリンジの『11』と一緒に買ったんですが・・・こっちのほうが聴くのがあとになってしまいました。
 まだいささか体調が本調子ではないので、薬をのんでおこう → そのためには何かちょっと食べなければ、のサイクルを何度か繰り返していたら、ところどころで意識消失・・・。 終戦記念日なのに、黙祷するタイミングを逃した。 なんだかすみません。

  高橋優 今そこにある.jpg 高橋優くん、メジャー4thアルバム。

 「今思ったことを今歌う、リアルタイムシンガーソングライター高橋優」、というメジャーデビュー時のキャッチフレーズが2枚目・3枚目のアルバムでは1枚目と比べて少々弱まったかな?、と思ったりもしていましたが・・・今回、まさに原点回帰的というか、ファーストアルバムからさらにパワーアップ!
 なるほど、<平成の大名盤なり!>というコピーに偽りはないかも。
 ドラマの主題歌になってしまって「大丈夫?!」と思わされた『太陽と花』も、実はフルコーラス聴いたらドラマ(上野樹里主演『アリスの棘』)のテーマとしっかり合致していたことに感銘を受けたり。 なんでドラマではフルコーラス使ってもらえなかったんだろう?
 でも、順調にタイアップ曲が増えるということは、評価も高まってきたということであろうし、商業的にも多少楽になるであろうから、こんなペースでがんばってほしいかな。
 ただ微妙に心配なのは・・・あたしやそれ以上の年齢の方が彼を褒めるのはよく聞くんだけど、彼と同世代、もしくはもっと若い世代の方々は彼の音楽をどう思っているのだろう。
 『ほんとのきもち』の頃は若いファンのほうが多かったイメージはあるんだけど。
 幅広い年代に支持されてこそ本物、という気がするし・・・ちょっと調べてみようかなぁ。

ラベル:邦楽
posted by かしこん at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック