2014年07月27日

日傘、デビュー

 ずっと帽子にストール派でしたが、やはりこの時期は帽子をかぶると髪の毛が汗でぺったりしてしまう・蒸れるということもあり、気になってはいたんだけど帽子のほうが持ち運びが楽(たたんでカバンにしまえるタイプを選んでいたので)なので、日傘という存在を意識したことはこれまでありませんでした。 それに、神戸はあまり雨が降らない(台風とゲリラ豪雨のとき以外は)、という住んでみての感想なので折り畳み傘で十分かなという気持ちもあり、これまたカバンの中にしまえてしまうので、長い傘を持つことがあまり習慣になっていない(下手に持ったらどこかに置き忘れそう)。
 しかし、キュートな傘に出会ってしまいました。

  CA3A1731.JPG 晴雨兼用、播州織の手仕事。
 80代の女性職人さんがひとつひとつすべて手作業で作ってます、とか言われたら素通りできないでしょ! しかも永久保証付きということで、なにかあったらしっかり修理もしてもらえるそう。 ちなみにただの白い傘だと思ったら大間違い。

  CA3A1734.JPG まるでクレヨンの色が散らばったかのような織物に。 ボタンも焼き物を使用。
 なんだかすごく涼しげじゃない?
 ちなみにいろんな柄の織物で10種類ぐらい傘はあったんだけど、これがいちばんあたしは気に入りました。

  CA3A1733.JPG 一区画だけ違う布が使われているのもいい感じのアクセント。

 持ち手もしっかり天然モノだし、雨のことも考えて綺麗なカーブを描くつくりになっているのも優美な感じ。 しかし雨に濡らすのがもったいない気にもなるけど・・・。
 と、結構なお値段をはたいてしまいました!
 絶対置き忘れ出来ない。 そしてこうやって買い物に走るのはストレスがたまっているせいだな、と実感。 けれど職人さんは応援したいのであります。

posted by かしこん at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック