2014年06月23日

まとめ買い、三度。



 さて、本日のまとめ買いは、復刻された<『ゴーメンガースト』三部作>と、新作と



なる4作目。 何故“三部作”に新作が出るのかといえば、作者が3作目を書きあげ、



4作目に取り掛かる前に亡くなったから。 4作目のための創作ノートをもとに、奥様が



完成させたそうな。



   タイタス・グローン<ゴーメンガーストT>

                 /マーヴィン・ピーク




 表紙が新しくなって、“ゴシックロマンの古典”と呼ばれる作品によりふさわしい感じに



なったかも。 ちなみに<ゴーメンガースト>とは石造りの迷宮のような巨大な城の名前、



<タイタス・グローン>はその77代目の城主として生まれた少年の名前です。



   ゴーメンガースト<ゴーメンガーストU>

                 /マーヴィン・ピーク




   タイタス・アローン<ゴーメンガーストV>

                 /マーヴィン・ピーク




 この三部作、はっきり言って一冊が厚い! あたしの手では片手で3冊持てないでしょう



(横にしてつかむのは。 上方向に乗せることならできるかも)。 しかし、新作ときたら・・・



薄すぎてびっくりだよ! 『ゴーメンガースト』の1/5くらい?



   タイタス・アウェイクス<ゴーメンガーストW>

               /マーヴィン・ピーク&メーヴ・ギルモア




 書いたのは奥様だが、解説の金原瑞人によると流麗な文体にさほど変化はないらしい。



三部作を翻訳した浅羽莢子さんがすでに亡くなられているのにどうするのかと思ったら、



井辻朱美さんを持ってきた・・・文句のつけようがない大ベテランです。 東京創元社の



『ゴーメンガースト』シリーズに対する熱い思いが感じられますなぁ(だったらなんで



ずっと品切れだったのか、というのは小さな規模でがんばっている出版社に言うのは



酷だとは思いますが)。



   ベヒモス−クラーケンと潜水艦−

               /スコット・ウエスターフェルド




 『リヴァイアサン』に続く<冒険スチームパンク三部作>の2作目。 2か月ほど前に



刊行の告知が出たもののなし崩しに延期、今回やっと発売。 “新銀背”第一期シリーズの



一作なので権利関係でもめるはずはないのだが・・・不思議。



 表紙絵がよりレトロ感を強調していて、ちょっとポプラ社の少年探偵シリーズを思い出し



ますな(読者対象は多分近い)。



 そんなわけで、月曜からとても重かった。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック