2014年05月28日

とりぱん 16/とりのなん子



 気づけば『とりぱん』も16巻。 しかし身辺雑記に終わりがないように、これもずっと



続いてほしいなぁ、と思ってみたり。 前回の冬の大雪のこと(甲信越あたりで孤立化した



地域があったとき)など、日本の季節変化の記録にもなっているよ。



   今回の表紙はアカゲラ・ペンちゃんです。



 15巻で活躍(というかよくネタになっていた)ハクセキレイが今回は全然登場しなかった



・・・あたしはハクセキレイが結構好きです(飛んでいる姿よりもだだっ広い場所を走っている



イメージしかないが)。



 油断するとすぐにできるハチの巣問題とか、相変わらずの雪問題とか、「あるある〜」と



共感ネタもばっちり。 困った雪道(一度気温が上がって道路の雪がゆるんだが、また



気温が下がって凍ったあとに雪が降った)を歩くときは足元に集中せざるを得ないので、



「都会みたいに歩きスマホなんてありえない」の台詞にはとても納得! そうそう、歩き・



ながらスマホは都会の問題ですよ。 吹雪の中なら携帯電話自体出せないしね。



 ここのところ暑くなってきているので、北東北の秋〜冬の出来事を読むとなごむ・・・。



 気持ちの上でちょっと涼しさを求める・・・でも、それで満足できるのも今のうちぐらいか〜。


posted by かしこん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック