2014年05月24日

今日は6冊



 気づけば5月も後半でございます。



 そして新刊ラッシュでございます。



   天冥の標 [ ジャイアント・アークPART1/小川一水



 PART1って! 第8部はまた3冊ですか!



 「起きて、イサリ。 奴らは撃ってきた。 静かにさせましょう」・・・もうこの一言で怖いん



ですけど!(あ、表紙の岩の上にいるのはイサリ?)



   SFマガジン700【海外編】/山岸真=編



 <創刊700号記念アンソロジー>ということで、ミステリマガジンに引き続き。



 ミステリのほうも買ったのだからこっちも買っとかないとね、みたいな気持ち。 本人名義の



本には収録されていないモノばかりということなので、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、



アーシュラ・K・ルグィン、コニー・ウィリスとあれば読みたいところですよ。 テッド・チャンは



あたしはあまりよさがわからないんだけど・・・まぁ、付き合いが短いから。 SFやミステリは



他の文学作品に比べて「自分がいつ、いくつのときに読んだか」が読後感にかなり影響する



ジャンルだと思う。



   SFマガジン700【国内編】/大森望=編



 となれば当然国内編もですよね。 手塚治虫・松本零士・吾妻ひでおとマンガも収録して



いるところが素晴らしい! 筒井康隆『上下左右』なんて、こんな実験的すぎる作品が



存在していたことも知らなかったよ!



 「アンソロジー苦手」と言いつつ、最近結構買ってるな、あたし。



   鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす/小池田マヤ



 『女と猫は呼ばない時にやってくる』の続き3冊目。 今回の主役は九さん!



てことはもう一冊続きがあるのか!



   おにぎり通信〜ダメママ日記 2/二ノ宮知子



 続きはもっと先かと思っていたのに、意外に早く2巻目が(てことはそこそこ定期連載



なのか?)。 『87CLOCKERS』の5巻も来月出るらしい・・・そりゃ、子育てしている



余裕はないよなぁ(自ら「ダメママ」を認めるほどに)。



   とりぱん 16/とりのなん子



 あぁ、『とりぱん』! 年に2冊出るかどうかのペースですが、そして若干マンネリ気味にも



なってきてますが、それでもあたしには季節感を共有できる大事な作品。 すぐに、そして



じっくり集中して読みたいけれども、読み終わってしまうのももったいないし・・・葛藤だわ。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック