2014年04月23日

もう、無理。のつづきのその後

 先日の件では各方面のみなさまにご心配をおかけして、温かな心遣いまで頂戴し、とても感謝しております。 ありがとうございました。
 そして、結論といたしましては、来月から無職になることが決定いたしました!
 今の仕事場は今月いっぱい。 そのあとのことは知るか!、でございます。 このままいったら、不眠症がもっとひどくなるし、今もかなりお肌の調子最悪だし、下手したら鬱の湯に足をつけてしまうかも。 自分を守るのも、自分のつとめ。
 その後も本を棄てた張本人は、あたしをガン無視。 社会人としてというか、まず人としてどうよ、という話です。 そして事務所の代表者にあたしが辞意を表明すれば「そうですか」だけ。 引き留めろ、とは言わないが、「なにがあったんですか」とこっちの言い分を聞く気もないのか・・・(まぁ、裏でスタッフ側で話はついていたんでしょうけど)。
 とりあえず常識の通じない相手とは縁を切り、新たなスタートをする所存。
 お客様に対しては死んだってことにしてもらって、という話は一部同僚にめちゃめちゃ受けました(なにしろ急な話なので、辞める話は親しい同僚・お世話になった先輩にしか話していない。 同僚や先輩方はみなさんあたしのために怒ってくれて、ありがたい)。
 あー、今年のGWはこころゆくまで休めそう。
 そしてちょっと気持ちの上ではすっきり。 あと一週間、なんとか乗り切ります。

posted by かしこん at 08:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこんさま、ご無沙汰しております<img src="/image/emoji/100.gif" border="0"><br>
ヤマちゃんも、かしこんさまを応援しております。<br>
理不尽なことをする人の「無意識の悪意のようなもの」は<br>
受けた本人しか感じ取れないもんですよね<img src="/image/emoji/06.gif" border="0"><br>
そういう人への最大の攻撃は「関わらないこと」だと<br>
私も思っております。(物理的にも精神的にも)<br>
G.Wゆっくり休んでくださいネ。<br>
なんだか、とんちんかんなコメントで失礼しました<img src="/image/emoji/113.gif" border="0">
Posted by ヤマちゃん at 2016年12月04日 13:14
かしこんさん、おはようございます。<br>
こういう話題は私自身も熱くなってしまいそうなので、しばらくコメントを控えていました。<br>
<br>
カズちゃんがまだ赤ちゃんだったころ、絵本を与えると中を見るというよりは本そのもので雑巾がけをするような、そんな扱いをしていました。<br>
初めて見た時は心臓が鷲づかみされたような気がしましたが、相手は赤ちゃんですからしょうがないですね。<br>
今は5歳で言う事は分かりますから、少しでも本をぞんざいに扱っている時は強く叱っています。<br>
<br>
単なる紙切れに貨幣としての価値を認めたり、形の無い知的所有権を尊重したりというのは、社会の成熟度を表わすバロメータになりますが、本をどのように扱うかということでも同じように人の文明度を計ることが出来るような気がします。<br>
<br>
幸い、私の交友関係では本をとても大切にする人ばかりです。<br>
本に対する思い入れは人それぞれかもしれませんが、ベースとして本そのものに払う敬意というのは人として持つべきなのでしょう。<br>
<br>
残念ながら、そうでない人は多いと思います。別の職場、別の組織に行ってもそれは変わらないかもしれません。<br>
最悪、本そのものは知的創作物を伝える単なる媒体に過ぎないのであって、内容はちゃんと自分の心の中に残っていると割り切らなければならないかもしれません。<br>
悲しいかな、時が経つと忘れてしまいますが・・・。<br>
あるいは、自己防衛策を張っておくとか、ちょっと工夫は必要になるかもしれないですね。<br>
<br>
いずれにしても、現在の状況からしばらく離れてみるのは良いことです。<br>
<br>
小学校入学以来の長い休みになるかもしれませんが、心身ともに休めてみるのが良いのでは?
Posted by コドモ・ドラゴンの父 at 2016年12月04日 13:14
ヤマちゃんさま<br>
<br>
こちらこそご無沙汰しております。<br>
でもこのようなタイミングでコメントいただけて、感謝です。<br>
応援も心強いです、ありがとうございます。<br>
<br>
理不尽なことを言う人があまりに堂々としているので、私の方の感覚が<br>
おかしいのか?、という気持ちに一瞬させられました。おそろしいことです。<br>
ほんとに、関わらないのがいちばんだと思います。<br>
<br>
これで、たまっている本や録画しっぱなしの映画を見るばっかりの生活が<br>
しばらくできると思うとちょっとうれしいです。<br>
(生活の心配はちょっと後回しにします)<br>
<ヤマちゃん読書会>のリボーンもお待ちしています<img src="/image/emoji/11.gif" border="0">
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
コドモ・ドラゴンの父さま<br>
<br>
おはようございます。<br>
お気遣いとご心配、重ねてありがとうございます。<br>
私も、周囲にはそんな人ばかりですので、「本というものに価値や意味を<br>
まったく見い出さない人」が存在するとはまさか思わず・・・ある意味、<br>
勉強になりました。<br>
今後は、個人的に本を貸す際にもどこかに置きっぱなしは絶対すまい、<br>
と思っています。<br>
いろいろ記憶媒体は進化しても、結局今のところいちばん長く残るのは<br>
紙ですよね。そういう発想もないのが不思議です。<br>
でももういいです、私の人生には関係ない人のことなので。<br>
<br>
さいわい、手をつけていない本が家にはいっぱいありますので、<br>
ちょっとでも多く読みつつしばらく省エネ生活を送るつもりです。<br>
今はちょっと気持ちの上で記事を書く余裕がないのですが、休みに入ったら<br>
また追いつく予定です。<br>
今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック