2013年10月23日

デビルズフード・ケーキが真似している/ジョアン・フルーク



 お菓子探偵ハンナシリーズ、もう第14弾。



 毎年10月ぐらいに出るんじゃなかったかなぁ、と思ってちょっと前に調べたのだが、



発売予定を見つけられなくて「今年は遅れるのか」と忘れかけていたら・・・発見!



   デビルズフード・ケーキは食べたことがあるぜ。

    チョコレートフロスティングをかけたチョコケーキという印象だったけど、悪魔っぽさを

   出すために化学反応を利用して生地を赤っぽくしているらしい。 色にこだわるところが

   アメリカだ。



 もう14作目ともなると、レギュラーメンバーとはもうお馴染み。 もはや殺人事件が



とってつけたようなというか、事件がなくてもいいんじゃない?、と思ってしまう。 町の



人々とハンナを中心とした会話で十分物語になってますよ!



 とはいえ、今回は九官鳥のジェイコブが大活躍。 犯人も事件解決の過程も予想通り



ですが、お菓子レシピが充実してるからいいか!



 ハンナをめぐる二人の男性、マイクとノーマンの問題も、優勢かと思われたノーマンに



大問題発覚(これもオチは見える気がするが・・・)。 だとしても、やっぱり二人ともダメって



ことだよハンナ、別を探せ!



 ここがメインになってしまっているけれど、ハンナの母ドロレスも何かを抱えている



ようだし・・・結局読み手の興味はレイクエデンに住む噂好きの人々と似ているのかも。



 このシリーズはまだまだ続くらしい。



 季節は変われど時間の流れは止まっている“イソノ界”になってるよ!


posted by かしこん at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック