2013年08月27日

やっと届いた4冊

 「只今調査中です」となっていたメール便、やっと届きました。
 とにかく行方不明?になっていたのがこの二冊・・・。

  死者の声なき声1.jpg死者の声なき声2.jpg 死者の声なき声/フォルカー・クッチャー
 『濡れた魚』に続くベルリン警察シリーズ2作目。 「わー、すごい、面白いよー!」と思いつつまだ一作目が途中なあたしなので、これに手をつけるのはまだまだ先になりそうですが。 北欧ブームがドイツに飛び火、まだ続いています。

  事件記者コルチャック.jpg 事件記者コルチャック/ジェフ・ライス
 もう十数年前のことですが、スーパーチャンネル(現:スーパードラマTV)で連ドラの『事件記者コルチャック』見てました。 頑固一徹、事件解明に食らいつく記者魂を持つコルチャックが大塚周夫さんの声とはまってて、なんとなく見始めたけど再放送を含めて結局全話見た・・・特撮などかなり甘いんですが、こちらは時代ものとして見ているので特に文句はなし(ただ、首なしライダーの回はどう考えてもライダースーツでごまかしてるだろ、とかはありますけど)。
 なんとそれがジョニー・デップ主演で映画としてリメイクされるそうで、それを機としての出版。 ドラマ用の脚本を書いたリチャード・マシスンへの追悼というか、それに乗っかっている部分も感じなくもない(なにしろジェフ・ライスはこれしか書いていないのだから)。
 スーパードラマTVで、また放送してくれないかしら。

  キングオブクール.jpg キング・オブ・クール/ドン・ウィンズロウ
 東江さんが翻訳ということは、<サーファー探偵>シリーズじゃないし、『野蛮なやつら』絡み? もしやそれとも麻薬戦争絡みの別シリーズですか?、と予想しておりましたところ、『野蛮なやつら』の前日譚だそうでございます。
 なんとなくドン・ウィンズロウにおける東江一紀さんはコニー・ウィリスにおける大森望さん、というイメージがあったので、今回の訳者あとがきはなんだかさらっとしていて物足りない!
 まぁ、ウィンズロウは結構メジャーになってきましたし、今では東江さんがすべての作品を翻訳しているわけではないし、『ストリート・キッズ』あたりの熱をいつまでも持ち続けていることの方がおかしいのかも(東江さんの方にもいろいろご事情はありそうですし、今回訳してもらえただけありがたいんですが)。
 でも、ちょっとさびしい・・・我儘だ。

ラベル:新刊
posted by かしこん at 04:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご訪問ありがとうございます、今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 企画職人 at 2016年12月04日 13:14
企画職人さま<br>
<br>
こちらこそ、コメントありがとうございます。<br>
一覧表、拝見いたしました。<br>
ご相談に乗っていただくこともあるかもしれません。<br>
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック