2013年06月22日

モネ・ゲーム/GAMBIT



 上映時間90分ほどなのに、それ以上に長く感じた・・・。 コーエン兄弟の脚本と聞いて



いたので多少期待していたのだが、若干テンポ悪くない?



 まぁ、<ゆるーいコン・ゲーム>だというならアリですが。 イギリス的笑いのセンスは



ちょっと外れると日本人には微妙なのかも。 『ミスター・ビーン』(テレビ版)も前半は



面白くても後半は・・・というの結構あるし。



   なぜ、盗めない!?



 億万長者で俗物のシャバンダー(アラン・リックマン)に雇われている美術鑑定士の



ハリー(コリン・ファース)は、彼から受けた屈辱を忘れられず、一矢報いてやろうと策を



考える。 旧友で絵画贋作にかけては天才的な腕を持つネルソン少佐(トム・コートネイ)と



組んで、シャバンダーがほしくてたまらないモネの絵を利用しての詐欺を思いつくが、



そのためには『積藁−夜明け』の行方に関係しているとされる人物と同じ名字を持つ



カウガール、PJ・プズナウスキー(キャメロン・ディアス)の協力が絶対に必要だ・・・と



いう話。 勿論、事態は計画通りには進まない。



 イギリス人とアメリカ人の対比が結構描かれている気がします。 そう思うとキャメロン・



ディアスって明らかにアメリカ女性的キャラクターなのね。



 オープニングのアニメはなんとなく『ピンク・パンサー』的でキュート。



 でも、モネとか印象派って日本で人気が強くて、ヨーロッパでは下火気味(安定した



価値)って感じがしてたので、印象派を買いあさるイギリス人大金持ちの存在は新鮮でした。



しかしそれがアラン・リックマンなので、ほんとにただの俗物なのか、何か裏があるのではと



つい疑ってしまう。 しかもオールヌードを辞さない役作り?、本能的にポンポンが大好き



など、ダメな人ながらどこか憎めない。



   やはりいい大人が大真面目に

                間抜けなことをやる、というのが大事。



 どこか憎めないのはコリン・ファースも同じで・・・ハリーは堅物だし計画倒れの癖ありだし、



自分の間違いを容易に認めない頑固者だし、美術鑑定家をしながら自分の生活には一切



美がないことに落ち込んでるし、それは金持ちではないからか的な悲哀が漂っていて、



繊細で複雑でありながら単純なキャラ。 そこはすごく興味深い。 コリン・ファースには



今後もラブコメよりもよりコメディ寄りの作品に出てもらいたいです。



 シャバンダーが新しく連れてくる美術鑑定家(スタンリー・トゥッチ)もいかにもあやしげな



ノリの人物で・・・フランドル絵画の専門家という触れ込みだけど、実際は現代アートを



やったほうがいいんじゃないの?、といういい加減ぶり。 またそのあやしさをスタンリー・



トゥッチが絶妙に演じており・・・なんでこういう役のときは見るからにゲイっぽいのかな。



出番はあまり多くはないのですが、見ていてニヤニヤ笑いが止まらず。



 とはいえ、サヴォイホテルにおけるどたばたは(ホテルマンの方々の対応も含めて、と



いうかホテルマンの人たちの態度のほうが面白い)イギリス的笑いでしたね、下ネタがらみ



多いけどさ。



   トランクス一丁で平然と(もしくは自覚なしに)

               ホテルを闊歩するのもまた、英国紳士のたしなみ。



 途中でトンデモニッポン描写があってげんなりしますが、それもまたどんでん返しの



ための布石、と思うと悪くない(しかし世界中の観客のどれくらいが「このトンデモニッポンは



作り話のためのノリですよ」とわかってくれるのだろう)。 チャイナマネーその他が世界を



席巻していても、美術品に価値をわかって金を出すのはやはりジャパンマネーだ、と



思われているならばそれはそれでうれしいんだが(でも、どうだろう・・・)。



 ネルソン少佐のナレーションで進んでいくこの映画、ハリーと少佐がいかにして仲間に



なったのかが知りたい、と思わされるほど少佐がキュートなのです。 コン・ゲーム的



ひっくり返しの爽快感もあるけれど、総じて役者で見る映画だったなぁ、という感じ。


posted by かしこん at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度ご心配をおかけします。<br>
結果が良いのに越したことはありませんが仮に悪くても<br>
淡々と治療を受けようと思います。<br>
また、放射線治療という新しい経験も出来るわけですし<br>
不謹慎なようですが、それなりに楽しみます。<br>
転んでもただでは起きるもんですか<img src="/image/emoji/01.gif" border="0"><br>
<br>
ミイグッズ、すごく嬉しいです。<br>
でも、そんなことをして貰っていいのだろうかと<br>
只今、悩んでいる最中であります。<br>
住所などの個人情報をかしこん様に伝えることには<br>
何の抵抗もないのですが。<br>
ただただ恐縮しています。<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
Posted by 懐古庵りゅうこ at 2016年12月04日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック