2013年05月12日

ヒッチコック/HITCHCOCK



 『ヒッチコック』というタイトルですが、ある意味「『サイコ』のできるまで」が正しいのでは



・・・(実際、原作のサブタイトルはそのようです)。 『サイコ』を見ていない人は見ては



いけません!、と注意書きを出すべきレベル(何故ならば、すべてネタバレするから。



そして『サイコ』の内容を知っていないとこの映画の面白さ自体半減だから。 それとも、



わざわざヒッチコックの伝記的映画を見に来る人は当然『サイコ』など見ていて当たり前、



と思われているのだろうか)。



   神と呼ばれた男、神を創った女。



 そう、伝記映画というくくりなのでしょうか。 ヒッチコックというパブリックイメージを



そのまま利用しているように見えるこの映画、「もしヒッチコックが自分を主人公に映画を



つくったら」という妄想(?)を形にした感じがするのがちょっと面白い。 だから映画の



最初と最後はカメラ目線でヒッチコックがひとり語りをするのもお約束。



 1959年、すでに<サスペンスの巨匠>と呼ばれるアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・



ホプキンス)は次回作の構想に悩み続けていた。 が、ついに『サイコ』という強烈な



題材に出会い「これだ!」と盛り上がるが、内容が内容なだけに映画会社はゴーサインを



出さない。 では制作は自分たちでやるから、お前たちは上映だけしろ、という巨匠と



メジャーな映画会社との間ではあるまじき契約がなされ、ヒッチコックは妻のアルマ



(ヘレン・ミレン)の理解と協力を得て『サイコ』の撮影に挑むのだが・・・という話。



   似ているようで、実は似ていない。

    雰囲気だけでやり通すアンソニー・ホプキンスは只者ではないですなぁ。

    当時の撮影所のレトロ感もたっぷり。



 監督が『アンヴィル!』のサーシャ・ガヴァシということでなのか、「なんとなくいい話」に



まとまっておりますが・・・その過程にはヒッチコックの変態性というか異常性というか、



そういうのをさりげなくも容赦なく描いており、ときどきヒッチコックがレクター博士に見えて



くる不思議。 才能はあるは人としてダメ男を、賢い妻ががっちりとサポートしていい作品を



つくらせる、という、タイトルの『ヒッチコック』とはアルフレッド&アルマという意味ですか?、



というほど、後半はアルマさんが主役です。



 だからといって夫唱婦随の話でもなく・・・結構この夫婦の戦いの日々だったりするん



ですけど(でも「“ヒッチコックの妻”以外の肩書で呼ばれたい」とか・・・一部女性の悩みは



今も根本的に変わっていない)。



 あたしはヒッチコックの熱狂的ファンというわけでもないので(そもそも作品をそんなに



見てはいない)だから『サイコ』にまつわるトリビアの数々を興味深く見たのだけれど



(最近の低予算ホラー映画もこの手の宣伝方法をやってるよ!、とか)、詳しい方には



何を今更な内容なのかも。 だから『サイコ』を見ていないと困るが、その程度のライトな



興味の方対象、なのかな。 あたしはちょうどよかったですが。



   撮影開始前にみなで宣誓。

     「私たちは『サイコ』の秘密を公開まで誰にも洩らしません!」



 またしてもジェームズ・ダーシーがなんとアンソニー・パーキンス役で登場! 雰囲気



似てる〜!(でも彼は金髪のほうがハンサムだ)。 ジャネット・リー役にはスカーレット・



ヨハンソンですが、こっちがカラーなだけにゴージャスさは遥かに上になっております。



 それにしても、夫が偏執狂、もしくは仕事仲間が偏執狂って・・・大変だよなぁ(しかも



仕事仲間じゃないや、監督ってことはボスですよ)。 しみじみ感じたので、日々の戦いを



勝ち抜こうとするアルマの強さに、脱帽。


posted by かしこん at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かしこんさま、こんばんは^^<br>
喉の調子はいかがですか。<br>
<br>
「ヒッチコック」…確かに、全然似てないですね。ww<br>
誰かと思ったら、レクター博士だったんですね。すっ呆けたひょうきんなおじさん、というヒッチコックのイメージがガラっと変わってしまいそう!<br>
ヒッチコック映画では、「めまい」が一番印象的です。あの映像の色彩感覚や、妖しい女性に巻き込まれていく的な展開が好きです。<img src="/image/emoji/04.gif" border="0">
Posted by ルビー奥村 at 2016年12月04日 13:14
かしこんさん こんばんは<img src="/image/emoji/01.gif" border="0"><br>
おかげんどうですか<img src="/image/emoji/09.gif" border="0"><br>
明日の朝はかなり回復されておられることを<br>
お祈りしておきますね<img src="/image/emoji/04.gif" border="0">
Posted by ママ先生 at 2016年12月04日 13:14
ルビー奥村さま<br>
<br>
おはようございます<img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><br>
そうなんです、レクター博士と同じ人なんですよね〜。<br>
顔は違いますが、体型はかなり似せてきてましたよ。<br>
ヒッチコックはグルメだったんですかね、フランスから鴨とか取り寄せてました〜<img src="/image/emoji/10.gif" border="0"><br>
<br>
私も『めまい』、好きなんですけど、この映画の中でヒッチコックは「あれはラブロマンスだ!」と<br>
“サスペンス”を至上命題としている彼にとっては不本意な作品だった、みたいなこと言ってました。<br>
でも偏執狂ぶりがものすごくわかる映画でもあると思うのですが<img src="/image/emoji/77.gif" border="0"><br>
<br>
ご心配をおかけしてすみません。のどはだいぶよくなりました。<br>
やはり一日中マスク!は効果があるみたい(のどの保湿の意味で)。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
ママ先生さま<br>
<br>
おはようございます<img src="/image/emoji/08.gif" border="0"><br>
返信が遅くなりまして申し訳ありません。朝、ギリギリまで寝てしまいました・・・。<br>
ママ先生のお祈りのおかげか、かなりよくなりました<img src="/image/emoji/11.gif" border="0"><br>
まだちょっと声はガラガラしてますが・・・<img src="/image/emoji/03.gif" border="0"><br>
ヴィックスドロップとお茶を忘れず、今週も仕事がんばります<img src="/image/emoji/95.gif" border="0">
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック