2012年12月30日

最終目的地/THE CITY OF YOUR FINAL DESTINATION



 シネ・リーブル神戸での上映だったのですが、実は予告を見た記憶がない。



 てっきり来年公開かなぁと思っていたら12月15日から公開スタートで、しかも



朝一回! マジか!、と「休日は一人の用では出かけない」というルールを破ることに。



 だって、真田広之がアンソニー・ホプキンスと共演だよ?! しかも<長年連れ添った



パートナー>役だよ?(チラシより)、見ないわけにはいかないでしょう!



   あきらめた愛、忘れてしまった愛、だけどここで最後の愛を見つける



 『ゴンドラ』という世界的ベストセラー一冊だけ発表してあとは沈黙を守って死んだ作家



ユルス・グントの伝記を執筆したいコロラド大学の教員オマー(オマー・メトワリー)だが、



グントの遺族から公認許可を断られてしまう。 勿論、非公認で書くこともできるのだが、



公認をとることがコロラド大学との取り決めにある(つまり公認のもとにグントの伝記を



執筆できなければ、大学の職を失う)。 同居する恋人のディアドラにたきつけられ、



オマーはウルグアイのユルス・グント邸に直接交渉に行くことに。 その屋敷には



ユルスの妻キャロライン(ローラ・リニー)の他にユルスの愛人アーデン(シャルロット・



ゲンズブール)とその娘、ユルスの兄アダム(アンソニー・ホプキンス)とそのパートナー・



ピート(真田広之)が住んでいて・・・、という話。



 『ゴンドラ』の書影にあるユルスの写真はアンソニー・ホプキンスの若き日なので、



最初はてっきり双子設定とか、死んだふりをしているが実はアダムがユルスなのでは、



と勘繰ってしまいましたがそんな仕掛けはなく、まっとうな文芸大作でした。 さすが



ジェームズ・アイボリーの名にふさわしいというか。



   ナチュラルな陰影感。



 ウルグアイという異郷の地を舞台にしているということもあるけれど、なにしろ屋敷に住まう



メンバーが濃い。 一応オマーくんが主役なのでしょうが、まわりがすごすぎて狂言回しに



終わっている感じ(いや、それでいいのかも)。



 まずは期待の真田広之ですが、いい! 英語の台詞にも違和感がなく、長く使っている



人みたいだし、なにより存在がキュートだ。 15歳でアダムに拾われた設定でしたが、



40歳となった今でもその頃の面影でみんなに見られているんだろうな、とか、本人も



意識せずともそういう感じが残っているのかやたら少年ぽかったり。 そしてまさかの



ヌードあり! 腰から脚の線が美しくて心の中でどよめきました。 日本の映画なら



こんなシーン見られないよな・・・と、これだけでも見た価値あり感!



   アンソニー・ホプキンスに対等に渡り合ってるし♪



 そしてあたしの大好きなローラ・リニーはまたしても「気が強くて素直になれない、



プライドの高い女」という感じの役ですが、その内側に脆いものを抱えているというベタな



感じまでも美しく、毅然としていて見惚れます。



 シャルロット・ゲンズブールが「23歳なの」というのにはぶっ飛びますが(というか、



劇中の登場人物の年齢設定が俳優に比べて若めなのは生活の疲れなどをちゃんと



出すため? あえて現実離れな設定にするため?)、愛人という立場なれど無邪気で



純粋なところがユルスの死後もみんなと一緒に暮らしちゃってる理由なんだろうなとか、



いちいち説得力があったりして。 アンソニー・ホプキンスは当然の安定感です。



 それにしても、これだけの人たちをひきつけ、死後も足止めさせるユルスとはいったい



何者なのか? オマーは彼のことを調べるはずなのに、周囲の人間関係に巻き込まれる



ような形で自分の足元を見失う(いや、もともと彼もまた泥沼に片足を突っ込んでいると



いう状態なのは冒頭の出来事で暗示されているのですが)。



 いないからこそその人物の存在が大きすぎるのか。



 大きな枷がはずれたあとに、勇気をもって一歩進める、それが<最終目的地>への



スタートなのかも。



   だからこそキャロラインはユルスの残したものを

         ・・・燃やすのか燃やせないのか。



 『ファイナル・ディスティネーション』と口に出せばつい理不尽ホラー映画が浮かんで



しまうのですが、<死>を意識しない最終目的地がある、ということを教わるわけです。



文芸大作っていうと退屈そうだったり意味不明描写が多い感じがしますが、この映画は



まったくそんなことはなかった。 キャストが自分好みって、すごく重要。



 エンドロールで2008年映画と・・・そういえばずいぶん前に「真田広之、アンソニー・



ホプキンスと共演」みたいな記事を読んだことがあるような・・・文芸物は公開が遅れること



多々ですが、真田広之が出演という日本で宣伝できるものがあるじゃないか! 映画の



内容がダメというならまだわかるが、こんなにいい雰囲気なのに、その上、豪華キャスト



なのに。 なんとなく理不尽な気持ちで映画館をあとにした。


posted by かしこん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック