2012年12月29日

悪の教典



 原作は結構前に読了済み。 映画は見る気はなかったのですが(三池監督、ちょっと



苦手だし)、生徒役に二階堂ふみと染谷将太が出ると・・・『ヒミズ』のふたりをそのまま



持ってくる監督の図々しさにあきれつつ、あの二人が普通の高校生としての生活を送る



姿が見られるのならば見たいなぁ、というとんでもない弱みを刺激されたような格好に。



   まるで出席を取るみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ。



 高校の英語の教師・蓮実聖司(伊藤英明)は“ハスミン”というニックネームで



生徒たちからも慕われ、周囲の教師からも一目置かれる存在。 しかし実は彼の



本質はサイコパスであった・・・という話。



 なんとなく原作から抱いていたサイコパスのイメージがこの映画ではちょっと違う



感じで解釈されているような・・・ま、傍迷惑な存在であることには間違いないですが。



映画として新しい表現は、彼のテーマソングとして『匕首マッキー』と『マック・ザ・ナイフ』を



使っていること。 ここはすごくいいなぁ!、と思ったけれど。



 ハスミンの内面にクローズアップしすぎてるせいで最後のあれも彼の計算であることが



伝わりづらいというか、彼の幻聴・幻覚みたいなものを描いてしまったら反社会性人格者と



いうより精神異常者ではないか、という気がしてしまい、<悪>のどうしようもなさが浮かび



上がらないではないか、とちょい不満。



 まぁ、そこは伊藤英明が一皮むけた熱演、ということで満足すべきか(三池監督が彼を



気に入りすぎだからなのではないか、とハスミンの脱ぎっぷりのよさから感じたり)。



性格が悪いことを自覚している性格の悪い男をやらせたら右に出る者がいない吹越満が



出番少ないながら強烈だったり、林遣都くんが「あ、あの生徒役か!」と出てきた瞬間に



わかってドッキリしたり、あと大人が微妙に『のぼうの城』とキャストがかぶっているのが



気になってみたり。 二階堂ふみの役はあれだろうけど、と予測してましたが(そういう



意味では原作に忠実)、染谷くんそっちか!、とわかったら脱力。 どっちにしろ別れ



別れになるふたりなのね・・・それでも、普通の高校生活を送るふたりが少しの間でも



見られてよかったです(だからもはや目的はなんなのかと)。



   心なごむ三人の姿だったなぁ。



 ラストに向かい皆殺し展開ですが、それに対して何も感じない自分・・・どうしよう。



 しかし驚愕したのは To be continued.



 え、続くんですか!?(映画は原作のラストまで描いてます)



 意味がわからなくてぼーっとしていたら、エンディングクレジットにはエグザイルな



方々の歌が・・・いやいや、ここ、『マック・ザ・ナイフ』を使うべきなんじゃないの?



 大人の事情って完璧でない映画すらも台無しにするわ。


posted by かしこん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック