2012年10月01日

OPUS【初回限定版】/山下達郎 その1



 しばし前のことであるが、山下達郎の新曲『愛を教えて』をどこかで聴いたらしい



家の人が「なんか山下達郎、声出なくなったんちゃう?」と聞いてきた。 そのとき



あたしはまだその曲を聴いていなかったので、「え、そんな話、聞いてないけど・・・」と



言い澱むにとどめた。 普通にライヴやっていると聞いたような気がするし、あの人が



声が出なくなったなどとなったらさすがに話題になるであろうと思ったけど確実では



なかったから。



 で、後日あたしはドラマ『遺留捜査』のエンディングとして『愛を教えて』を聴くわけ



なんですが・・・「多分、あれじゃない。 ウィスパーボイスでどこまでやれるか、みたいな



実験作なんじゃないかな。 『街物語』もちょっとその傾向があったし。 でも聴く側と



しては『さよなら夏の日』とか『ヘロン』みたいな一部歌い上げてくれる要素を求めちゃう



よね〜。 そうしないとカタルシスがないっていうか!」、と、後半はぼやきになってる



あたしの話を「そうか、声が出なくなったってわけじゃないならいいや」とさらーっと



流されました。



 「小田さんだってまだあの声出るんだから、ヤマタツだって大丈夫でしょ!」という



まったく根拠のない発言に納得したその人は、別に特にヤマタツのファンというわけ



ではないのである。 ただ、ずっとベテランでやっている方々ががん告白で休業したり、



というのが多かったから気になったのかもしれない。



   で、『OPUS』です。



 達郎さんのベスト盤には各曲に本人のコメントがつくのですが、『愛を教えて』の



ところには「これもかなりの異色作。 自分ではまだ色々と試したいということなの



だろう」と書いてあったりして・・・あたしの適当な感想<実験作>が結構当たってました!



 そしてなにしろ4枚組みなので、全部聴くの長いです(でも聴いちゃうんですけど、しかも



ディスクをリピートしちゃうんですけど)。



 一枚目、<シュガー・ベイブ〜RCA/AIR時代>は知らない曲も多い・・・(勿論、



『DOWN TOWN』や『パレード』、『RIDE ON TIME』などは知ってますけど、



リアルタイムじゃないから。 そもそもRCA/AIR時代ってなんですか?、って感じ)。



 しかしご本人執念のマスタリングもあり、“ポップスは滅びない”というジャンル的に



有利な面もあり、「声が若いなぁ」というくらいでサウンド面ではまったく古びていない、



というすごさ(『潮騒』なんて声が杉真理か!、と思ったり)。



 しかしあたしが個人的にぶっ飛んでいるのは、ボーナスディスクに収録されている



『硝子の少年』デモヴァージョン。 キンキに曲を渡す際に自分で仮歌を入れたものを



キンキの完成品カラオケにリミックスしてあるのですが・・・仮歌の割にかなり本気で



歌ってらっしゃるというのがまずひとつ(ま、そこはプロなんでわかりますが・・・ご本人は



「難あり」とおっしゃっておられます)。 Kinki Kidsのイメージともまったく違うじめっと



感がある、ということもひとつ。 いっそのこと、『Kissから始まるミステリー』のデモ



ヴァージョンも入れてくれ!、という気になりました。



 と、長くなりますので感想は何回かにわけたいと思います。



 なんだか、今年はこれだけ聴いてても大丈夫そうな感じすらする・・・(でも、買わねば



ならないものが他に何枚か出ていることを知り、明日タワレコ行ってきます)。


posted by かしこん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック