2012年06月16日

ヴィックスドロップは偉大だ・・・

 不調ののどと鼻ですが、ヴィックスドロップ(オレンジ味)を買ってまいりました。
 3つなめたら、なんか症状が改善!
 他の薬用のど飴ではここまで劇的な効き方をするものがない・・・あたしの体質にはヴィックスが合っているのであろう(子供の頃、ヴィックスヴェポラップを塗られていたからなぁ)。
   ※ 薬の効き目には個人差があります。
 というわけで、完治!、ではないですが、かなり楽になりました。 熱も下がったし。


 さてさて、いつの間にやら“私的違法ダウンロード刑罰化”の法案が可決されてしまいました。
 なんというか・・・なんで少年法とかいい加減変えてほしいものは変わらないのに、こういういかにも利権がらみの法案ってすぐに通るんでしょうか。
 あたしは特にダウンロードしない派なんで個人的には影響ないですが(今回、CDは対象外だからいいけど)、DVDについては「コピーワンスの不都合さ」に逆戻りしている気がするんですけど・・・。 あ、でもCD業界がコピーコントロールをまた採用するようになったら、それはそれで迷惑だ(プレイヤーとしてパソコンを使いたくても使えない状態になる。 自分のウォークマンにも転送できないとかありえないし。 レコード・カセットテープ時代のほうが便利ってことになるではないか)。
 DVDだってメディアとしての寿命はそんなに長いものじゃないのに。
 刑罰化を決めるよりは、義務教育で著作権やメディアリテラシーについての知識を子供たちに広める方が先なのでは? 何がどれくらい悪いことなのか、何故よくないとされているのか知らない若者は多いと思う(そして今回この法案に賛成した政治家のみなさんがどれだけそういうことを知っているかもあやういところだ、と思う)。 違法にアップロードする側の取り締まり強化でもいいような気もするけどな・・・やっぱり利権大国なんだな、この国は、と実感。

posted by かしこん at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 体調 好不調の波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
修行蛙さま<br>
<br>
コメントありがとうございます。<br>
<br>
私も基本的に「悪いことをした人は自業自得」という考え方なんですけど、どうも日本の法律は<br>
「違反を決めても罰則規定がない」というものが多くて(たとえばあれほど言われる個人情報<br>
保護法案にも罰則規定はありません)。だから、今回のようにハイスピードで決まった(と<br>
国民には見える)法案に罰則規定がついている、というのに違和感を覚えました。<br>
<br>
私自身が不利益を被ることは特にないので、関係ないといえば関係ないのですけど(わー、<br>
無責任)。<br>
だからこそ若い世代に対する教育は必要だと思います。私の年代でも著作権に対する考え方が<br>
なってない人が多いですし・・・学校でやれば身につくってもんじゃないですけど、前提にそういう<br>
ものがあるかないかでかなり変わるような気がするんです。<br>
私も特に根拠も知識もなく言ってしまっていますが・・・すみません。<br>
こんなんですが、またいろいろご意見を聞かせてください!<br>
<br>
体調は週末ゆっくり休んでよくなりました!<br>
ありがとうございます!
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:13
初めまして、こんにちは<img src="/image/emoji/91.gif" border="0"><br>
<br>
麻薬を売る人も買う人も処罰されるように<br>
ダウンロードする人も処罰されるという点では<br>
同じなので問題ないとわたしは思います<br>
<br>
ただ、おっしゃる通り、なぜダメなのかを<br>
もっとちゃんとしっかり周知徹底の必要はあると思います<br>
麻薬のように体に害があるとかじゃないですしね<br>
<br>
知的財産の保護って生命の危機じゃないので<br>
人間が知的であると証明するためのマナー・・みたいなものかなぁ・・と。<br>
そういう意味では、ちょっとくらい・・とゆるい気持ちで<br>
ダウンロードしちゃう人に厳しく対処するのも必要かと・・・<br>
利権がどうこうとは別にして<br>
<br>
他にもっとやるべきことあるでしょ<img src="/image/emoji/114.gif" border="0">と言いたくなる気持ちも<br>
もちろんありますけどね<br>
<br>
たいした知識もないのに、なんだか余計な口を挟んでスミマセン<br>
早く体調が戻ると良いですね
Posted by 修行蛙 at 2016年12月04日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック