2012年05月27日

いい加減な不思議



 リアルタイムでニュースをあまり見ていないあたしですが・・・いろいろと妙だと



思うことがあり。



 只今大騒ぎの、某芸人の親族生活保護不正受給では問題。 ここが関西だから



かもしれませんが、その芸人擁護一色で、なんだか気持ちが悪い。



 えっ、二股俳優氏はあんなに責められていたのに、芸能界追放だとかいう人も



いたのに、なんでこっちでは「プライバシーの問題」とか言う? 意味がわからん。



生活保護のお金は元をただせば税金ですけど。 国民の税金をだまし取る方が



罪が重いのでは?



 これって犯罪です、厳しく取り締まらねば、みたいなことを言っていたデーブ・



スペクターの一言にあたしは頷いただけに、芸人を擁護するマスコミ側の発言が



不可解で仕方がない。 しかも大きく発言した国会議員を責める方向に来てるし。



いやいや、もともとこの問題を発掘してきたのは週刊誌でしょ。 それを大手



マスコミは長らく放置していた挙句、ネットの口コミ情報や国会議員が取り上げるに



至って報道しなければならなくなった、みたいな感じじゃないですか。 報道したく



なかったのだとしたら、事務所の力とか生活保護受給に潜む闇の力とか言われても



仕方がないんじゃないかなぁ、と思う。



 勿論、そもそも生活保護受給の許可を出した岡山市が問題だ、というのならそこへ



取材に行って話を聞いたらいいし、そこのせいだと思うならそういう話をすればいい



ではないか。 でも残念ながら、あたしが見たうちで岡山に取材に行ってるやつは



なかった(もしあったらすみません。 行っても断られているのかもしれないけど、



断られたことに言及はすべし)。



 でもねぇ、生活保護ってなかなか受けられない印象なんですけど(過去に、生活



保護を断られて衰弱死した方、何人もいますよね)、なんで母親・姉・おばなど



一家族で合計4人も受給できるのか(そう報道している人が正しければだが)わからん。



見抜けない役所側にまず問題ありだが、もらう側にも打ち切りされないような意図が



あったんじゃないかと考えてしまうのが自然だと思うのですが、どうでしょう。



 ま、日本が豊かだった時代には気にされなかったことなのかもしれないけど、いまや



国民年金よりも高額になっている生活保護に格差社会である現在、国民は敏感ですよ。



決めたことは変えられない、そのときどきに合わせて細かくメンテナンスできない、という



日本の行政システム上の問題が、いろんなものに付け入る隙を与えてるんだろうなぁ、



と感じます。


posted by かしこん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック