2012年03月02日

久々に、学生気分

 異業種交流会のようなものに出た。
 年齢も経歴もまったく違う人々が集まって、でも立食パーティー形式ではなくて、テーマに沿ってグループディスカッションをするというようなもの。 で、合間に「あなたのビジネスマナーに誤解はありませんか?」ってことで実地テストのようなことをしてみたり、あるシチュエーションを示されてロールプレイングをやってみたり。
 なんかすごく、新鮮!
 まったく違う人たちと直接会話できるというのも楽しいけれど、お天気の会話レベルではなく『お題』があってのディスカッションなのでその人たちの“仕事観”が見えてくるから。 それは当然、あたしのものも見られるというわけですが。
 こんなことするの、ずいぶん久し振りの気分。 学生以来?
 だから帰ってきたらとても疲れていたのですが、かなり充実した時間を過ごしたような気がします。 頼もしい若者はちゃんといるし、「ちょっと上の年齢の方にもきちんと日本のことを考えている方がいるとわかってうれしかったです!」と言われてみたり(いや、でもあたしは考えているだけで実行には移せてないのですが)。 しかしその若者の周囲のいい大人は覇気がない人ばかりで「日本のことがどんどん心配になってくる・大人は頼れないって思ってしまう」のだそうだ。 そういう大人のみなさん、若者はしっかり見ていますよ! ちゃんとしましょう!
 で、あたしは「何故働くのか」という“原点”についてあらためて考えるきっかけをいただきました。

posted by かしこん at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック