2011年12月27日

今日は2冊、と

 先日の品揃えの甘い店ツアーで探しきれなかったやつを、本日、ブックファーストにて入手する。

  数寄です!2.jpg 数寄です! 女漫画家、東京都内に数寄屋を建てる 弐/山下和美
 土地も決まり、いざ建てはじめます、な段階なれど、税金が払えなくて原稿料の前借りを生まれて初めて頼んでみたり、設計でもめたり大工さんたちにおやつを差し入れるか否かで悩んだり・・・一度腰が座ればなんとでもなるが、そこまでは優柔不断でうろうろばたばたする著者の性格にすごく共感。 工事中の現場を見に行っても大工さんに声をかけるタイミングがわからなくてすごすご帰るとか・・・すごくわかる感じ!
 で、実際に基礎工事に入ったのが2010年8月末から・・・単行本で読んでいるからタイムラグがあるのはわかっているんだけれど、2010年12月の上棟式(らしきもの)まででこの巻は終わり。 そこまでの途中で何度か耐震構造についてのんきに語り合っておられるのを見て、あたしはもう胃がきりきりしている。
 <参>巻にはついにあの日のことが書かれるらしい・・・待つ、次巻!

  天才柳沢教授の生活32.jpg 天才柳沢教授の生活 32/山下和美
 『数寄です!』を探すことばかりに意識が集中していて、こっちを探すことを忘れていた・・・(今日も『数寄です!』だけをつかんでレジに並んでいる間に、帯裏にこの本のことが書いてあったので思い出し、売場へ逆行)。
 作者近況のところに「一軒家に住み始めてから三ヶ月」という記述があったので、あぁ、もう無事に建ったんだなぁ、と安堵。 しかしその過程はしっかり読ませていただきます。
 相変わらずの観察者・柳沢教授ですが、今回は思わず涙するエピソードは少なく、それぞれの決断に至る一瞬に教授が立ち会うという形が多かったような。 数寄屋ネタも出てきました。

 そして、職業:医者の人に会ったので、「カフェインアレルギーってあります?」と尋ねてみる。
 「うーん、カフェインの耐性は人それぞれだからなぁ。 一概にはなんとも・・・そのときどきの体調とかにも左右されるし。 あ、でもそういえば、ぼくも40過ぎてから、コーヒー飲んだら頭が痛くなったりしてきたなぁ。 トシかなぁ」
 じゃあ、あたしもトシですか!!!
 「いや、だって40なってないでしょ。 原因をどうのこうの考えちゃうと気になるから、そこはあまり深く考えない方がいいんじゃない?」
 カフェイン量は同じでも、お茶の場合含まれるタンニンがカフェインの吸収を穏やかに作用するので、紅茶・緑茶などはコーヒーほどカフェインのインパクトは強くない、等の仕組みを調べたあたしに「あんま深く考えるな」と! ・・・まぁ確かに、考えすぎることで意識してしまう → 思いこみが条件反射的に不調を呼び込むことはあるから・・・それほどの実害がない場合、「気にしない」のがいちばんの方法なのでしょうが・・・。
 家に帰ってきて、お風呂から出てしばらくしてから熱を測ったら、34.79℃。
 低すぎだよ!、ともう一度測ったら、それでも35.24℃。
 とりあえず、基礎体温上げることをしないとな・・・と考えるクリスマス明け。

ラベル:マンガ 新刊
posted by かしこん at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック