2011年11月22日

2011年夏ドラマまとめ&秋ドラマはじめ



 季節はずれというかタイミングを誤っていますが(録画したのをあとあと見るため



時差が発生します)、今年の夏ドラマ、結局見ていたのはこれら。



 IS

 絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜

 チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

 新・警視庁捜査一課9係 シーズン3

 ブルドクター

 それでも、生きてゆく

 ドン★キホーテ

 陽はまた昇る




 夏ドラマで印象に残ったのは『ドン★キホーテ』と『それでも、生きていく』かな・・・



真逆な内容ですが。 でもどちらも“違う立場の者への共感”を描いていたという



意味では似てるのか。





南極大陸



 主演の方よりも、脇を固める方々目当てで見ております。 ここまで豪華なキャストを



揃えて、「自分も出たい!」と思っている俳優さんは多いのではないかと思ったりする



(西島秀俊や佐々木蔵之介もほんとはこっちに出たかったのではないのだろうかと



邪推している)。 が、キャスティングに頼り過ぎなのか、脚本や演出の詰めが甘い・・・



主題歌は中島みゆきだし、10年代を代表するドラマになりえたというのにスタッフは



たるんでいるのではないかと思う。 でも最後まで見ちゃうんだろうな・・・。



謎解きはディナーのあとで



 これは一回目を見ただけで今後の展開がわかってしまったような気になったので、



もういいや、的な。 椎名桔平、もったいないなぁ。



相棒ten



 これは安心して・・・と思ったらまさかのたまきさん退場にびっくり。



   なんか無理して試行錯誤しなくても。



 うーん、普通でいいのにな〜。



家政婦のミタ



 『女王の教室』+『ハケンの品格』という感じ? 低予算っぷりが目に見えるほど



はなはだしいですが、意外に面白い。 主題歌に斉藤和義を起用しているのもよい!



Doctors



 思っていたより面白かった。 名誉欲を捨てた医者(沢村一樹)が様々な手練手管で



病院を再生・向上させようという試みがいつも正義の側ばかりに立つばかりじゃなくて



「利用できるものは利用する」というスタンスなのが楽しい。 もしかしたら海外の医療



ドラマに対抗できる、日本で初めての医療ドラマになるかもしれない(ただちょっとオペの



シーンが甘いんですが)。 高嶋政伸がまたもヤバい人なのが大爆笑(野際陽子との



シーンはかつての「冬彦さん」を思い出させるものがある)。



蜜の味



 ARATAが連続ドラマのメインだよ〜、ということで見たかったのですが、普段見ない



時間帯の為かすっかり忘れてしまい、そのままです・・・いつか再放送の機会があれば、



見よう。



深夜食堂2



 ここだけ空気が昭和?、ですが、そこが持ち味ですかね。 でも前作よりもそんな



昭和回帰な空気が意図的に強められているようで、いまひとつ。 ま、夜中にのほほんと



見るドラマとしては、いい空気感。



11人もいる!



 神木龍之介がかわいらしいというか、子役から順当に若手俳優になってくれて(変に



ぐれたりしないで)うれしいよぉ、とご近所のおばちゃんみたいな感慨に浸る。 コメディな



田辺誠一もいけるとはわかっていたけど、ここまでテレビでやられると微妙にひく・・・



(いや、面白いんですが)。



 やはり子供が生まれると、作家の描く世界も変わるのかなぁ、と感じる。



妖怪人間ベム



 北村一輝が“底抜けのお人よし”をやっていることだけである意味価値があるドラマ



かと・・・。 アニメの『妖怪人間ベム』は多分子供の頃再放送か再々放送あたりで



見てるんだけど、子供心に“人間であることのうしろめたさ・罪悪感”を埋め込んで



いただいたある種のトラウマ作品である。 だからこのドラマをオリジナルのアニメと



比較してしまっては大変なことになるので、あくまで別物として考えて見ているのだが、



根底に流れるテーマがあたしのトラウマを刺激するというか、なんだか毎回ほろほろと



泣いてしまうんですけど。



   福くん、『マルモ』のときより頬がこけているのは

           成長? 働き過ぎ?、とちょっと心配になる。



 ただ、変身後が昔の特撮ものの安い怪人みたいでなんだかな・・・と思ってしまうの



ですがね。 あがた森魚のレギュラーにも驚きましたが、柄本明がまたもずるい役です。


posted by かしこん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック