2011年10月25日

アリシア@IANNE

 またも、物欲の秋であります。
 雑誌『ELLE』を見ていても「わー、いいなぁ」とは思うけど実際に買えるお値段ではないものがほとんどなので見るだけで終われますが、危険なお店ATAO&IANNEのカタログは<買えない値段>ではないから困りもの。 COACHは懐かしいラインの商品を出してきたけどフラッグシップ店限定だったり、お財布などは中を開いたら堂々とMade In Chinaって書くようになっちゃったしで値段も下がってきたが安っぽくもなってきてかなしい。 木の庄帆布はお店がどこにあるのかわからないし・・・。 まぁ、他にもいろいろ気になるものがありつつも、やはりATAOははずせないわよね〜、と実際に商品を見に行く。 カタログの写真だけでは全貌がわからないからね。 で、いろいろ悩み・・・ちょっと考えてきます、と家に帰り、どうしようかな・・・と暇さえあれば考えて、ついに決めてしまいましたよ(そもそも決めちゃったのかよ!、というツッコミはこの場合なしでお願いします)。

  イアンヌアリシア1.JPG “アリシア”という名のカバン
 今回はIANNEから選ばせていただきましたよ。 “トープ”という名前の色ですが、グレーにミルクココアを混ぜたみたいな色になっております(ちょっと表現が難しい色。 意味は“モグラ”だそうです)。 でも寒色系にも暖色系にも合わせられるのが大きなポイントです。 牛革の手触りもすべすべだし〜、シュリンクレザーっぽいところがあるので使いこむほどにやわらかくなりそうなタイプ(今の段階でも結構やわらかいですが)。

  イアンヌアリシア3.JPG サイドはこんな感じ。
 揺れるフリンジがかわいいのです。 カバンサイズとしては残念ながらA4サイズはまっすぐでは入りませんが、ファイルを軽く曲げる程度にすれば入ります。

  イアンヌアリシア2.JPG 三室構造。
 カバン上部のカバーにもなっている持ち手が出てくる側面の部分がなんともいえぬゆるやかなカーブを描いていて、洋服で言う「立体裁断」のようにつくられた感じがしてそこが気に入ったんですよね〜。 真ん中のジッパーがいちばん容積の多い部屋?になってます(携帯電話用などのポケット2つ、ジッパーつきのが1つ)。
 そしてお気づきのように、チラリズム。

   イアンヌアリシア4.JPG 内部は当然、いちご柄!
 光が強く当たるとココアっぽい色が出てきますな。
 この色の他に、黒とレンガ色のような3色があって(同じ形でワンサイズ小さい“オリビア”というのもありますが、荷物の多いあたしの選択肢には入らず)、お店の方は「かしこんさまはこのレンガ色のやつがお似合い」と思っていてくれたようです。 ほんとは“コニャック”というお色だそうですが。
 でもあたしが「この色がいいかな―」とグレー系を持ちあげたら、「えっ、そちらですか!こちら(レンガ色)だと思ってました〜。 でも意外です! そちらもお似合いです!」と本気で驚かれ、しかしいい感じに褒められた・・・(「でも意外」とはどういうことだろう・・・あたしは赤系か青系しか買わないと思われているからだろうか)。
 「新たな発見です〜! なんでもお似合いになるから羨ましいです」という声に押されて(いや、理由はそればっかりではないですけれども、褒められるといい気になっちゃうのは確かですね)。 長く使う気満々ですよ〜(というかあたしはほんとにダメになるまで使うからな)。
 持ち手部分で軽々ショルダーできますが、斜めがけ可能の長ベルト付きでもあります。
 ロングショルダーにしてもOKだし、3パターンの持ち方が楽しめる次第。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック