2011年10月20日

振り返るあたしの読書史 その1

 といっても、そんな大袈裟なものでもないですが。
 しかし明らかにあたしの読書傾向は変な方に偏っている・・・しかし偏っているなりにもしかして筋を通してるかもしれない。 現在の趣味嗜好にどれくらいの影響を及ぼしているのか、ちょっと気になったので振り返ってみる(画像を探したけれど当時と同じ装丁が見つからないよ・・・)。
 あたしの読書体験はじまりは、親が与えた図鑑の数々だったかも。
 多分、学研の子供向けのやつ。 幼少のあたしは特にカメのページがお気に入りで、絵を見せるだけで名前がすらすら言えたらしい。 だから今でも図鑑の類はフルカラーじゃないと許せないわけね・・・そして動物もののドキュメンタリーや写真集が好きなわけね・・・ガラパゴスゾウガメを筆頭に今もカメが好きなわけね・・・(実はカエルやイグアナなども好きだ。 あたし自身が体温低めなために、変温動物に親近感を抱くのだろうか)。
 確か、いちばん最初に買ったマンガは『ドラえもん』。 次は『あさりちゃん』かも。
 近所に住んでいたおねえさんから高階良子のマンガを借りて、乱歩や正史の世界の入り口に立っちゃいました(マンガはマンガで話が長くなるので、別の機会に後述)。
 本格的に“自分で選んだ本を読む”ようになったのは小学2年か3年、H・G・ウェルズの『透明人間』がきっかけだった。 子供向けジュブナイルでしたが、福島正実訳で解説には当時のウェルズ派とジュール・ベルヌ派に分かれた論争についても書かれてた。 で、その後あたしは『タイムマシン』を読むことになり、SFにどっぷり(ジュール・ベルヌも読んで面白いとも思ったけど、ウェルズのほうが好きだなぁ、とわかり、福島正実と同じ好みであることににんまりした)。
 同時期に『ツタンカーメンの謎』というのもあって(これはあたし初のノンフィクションかも!)、『王家の紋章』を読んでいたせいもあるが考古学のロマンと呪いという存在のアンバランスさに盛り上がった。 当時の小学校で書かされたアンケート、「尊敬する人物は?」に「ハワード・カーター」と答えたバカはあたしです(学校側としては「両親」と書いてほしかったのだろうけど、そういう空気は読めないあたしなのだった。 この頃は考古学者になりたかったのである)。
 図書室にあったスティーヴンソンの『自殺クラブ』の面白さにも度肝を抜かれ、繰り返し読みました!(当時は文庫本とか売ってなかったから、卒業したらもう読めなくなると思ったのである)。 『十五少年漂流記』『あしながおじさん』などの世界名作劇場的なものも読んでましたが、印象深いのは矢野徹『孤島一人ぼっち』とか大石真『チョコレート戦争』でしょうか。 古田足日『宿題ひきうけ株式会社』ってのもありましたね。 あ、フォア文庫だ! 懐かしい!
 近所の本屋ではポプラ社の『江戸川乱歩全集』の品揃えが充実していて・・・当然読み始めるわけです。 明智小五郎の存在は土曜ワイド劇場の『〜の美女』シリーズでおなじみであったので(しかし夜遅いしお色気シーンもあったので親からは見るのをよしとはされていなかった−それでも見たけど)、しかし高階良子作品のおかげでベースはあって、こっちは少年探偵団がメインに活躍する子供向けであるため親の検閲は免れた(なんだかんだいって『青銅の魔人』が好きです!)。

  青銅の魔人.jpg 夜の麻布十番、高い塀が並ぶ屋敷町・・・その憧れが高校生のときに松山巌『乱歩と東京』を読ませましたよ。
 しかし次第にそれでは物足りなくなって隠れて角川文庫の江戸川乱歩ものを買うようになるのであった。 金田一耕助の存在もすでにおなじみであったので(『犬神家の一族』は金曜ロードショーで見た)、横溝正史のまずは角川文庫の背表紙の文字が黄色いやつ(御子柴少年が活躍するジュブナイル)から揃え始める。 緑の文字のやつは表紙が煽情的というか、中身とあんまり関係ないのに裸の女性が描いてあったりしたので小学生には非常に買いづらく、おとなしめの表紙から選んで買っていた(のちのち、古本屋さんで買い物をするようになったらあまり気にしなくなった。 一度に何冊も買えるからである。 そして、慣れたのであろう)。

  白い羽根の謎.jpg 『白い羽根の謎』・・・子供心にも動機がとってつけたみたい、と感じていて、のちに元の作品『化人幻戯』を読んで納得。 これを子供向けに書き直したってこと自体、すごいと思いました(書いたのは乱歩本人ではないそうですが)。 今、ポプラ文庫でかつてのこのシリーズが復刻されてますが、少年探偵団ものの26巻で止まっているのは何故・・・もともと47巻ぐらいあったはず。

 勿論、ホームズやルパンにも手を出すが、あたしはホームズのほうが好きだったな。
 当時、普通の本屋さんで小学生が買っても変な目で見られない文庫といえば朝日ソノラマ文庫(背表紙はくすんだ緑色の時代)、秋元ジュニア文庫(背表紙は黄色で文字が赤だったかな?)、集英社コバルト文庫ぐらいだったのではないだろうか・・・。
 あたしの赤川次郎初体験は朝日ソノラマの『幻の四重奏』で、今もこれを越える作品はないような気がしている。 それくらいインパクトが強くてとにかく面白かった。 『吸血鬼ハンターD』もこのころから読み始めかな? 何故か『キマイラ』シリーズには手が出なかった。 秋元ジュニア文庫には福島正実が科学的根拠にあふれるリアリティSFを書いていて、『地球が滅びるとき』とかとにかく出てるものは全部読んだ気がする。
 あと、『白鳥検事シリーズ』なるものがあり、アメリカでスキップしで大学を卒業し、司法試験も最年少で合格したという15歳の少年検事が主人公の話。 『グリーン予告殺人事件』がいちばん面白かったかな〜。 ちなみに白鳥君はモルモン教徒であり、信徒同志は「兄弟・姉妹」と呼ぶとか、カフェインの入ったものは口にしないとか(だから彼が飲むのはいつもミルク)、子供心に「宗教を信じるって大変なのね」と思った記憶あり。
 秋元ジュニア文庫で眉村卓にも手を出す。 きっかけは『天才はつくられる』かなぁ。
 眉村卓は角川文庫でもいっぱい出していたのでそっちにも進出し、『とらえられたスクールバス』に盛り上がる!(でも『ふつうの家族』も好きです)
 そして筒井康隆にも手を出すのもこの頃です。
 あ、講談社青い鳥文庫もありましたね(実際は新書版サイズですが)。 これは『誰も知らない小さな国』から始まるコロボックルシリーズと、『クレヨン王国の十二カ月』のクレヨン王国シリーズが二大巨頭か。 『霧のむこうの不思議な町』も大好きだったなぁ(だから原作だと認めない『千と千尋の神隠し』が微妙に許せない)。
 コバルト文庫ではまず新井素子である。 そして氷室冴子である。 久美沙織の『丘の家のミッキー』は友だちが買ってくれてて、あたしの新井素子と貸し合いっこしていた感じ。 小林弘利も大変好きでした(『海の回転木馬』は名作だと今でも思う)。
 当時、本を選ぶ基準って装丁というか表紙のイラストのイメージが大きかった気がする。 そしてあたしは天野喜孝のイラストに惹かれて栗本薫の『魔境遊撃隊』を読み、これまたこんなに面白くていいのか!、と思って『グイン・サーガ』に手を出すのだ。 そして彼女が江戸川乱歩賞を受賞していたことを知り、他の受賞作品をいろいろ読む。 仁木悦子、森雅裕、東野圭吾などなど。 『伯林−一八八八年』は面白かったけど海渡英祐さんはどうされているのだろうか?
 で、いのまたむつみのイラストにつられて藤川圭介『宇宙皇子』を買ったりしたが・・・なにしろノベルズなので文庫よりも値段が高く、挫折。 『丘の家のミッキー』の持ち主だったエヌさんが引き続き買っていて貸してくれたのだが、内容が難しくなっていくうえに繰り返し読めるわけでもないので(大津皇子が好きだったので彼が出なくなってから興味を失ってきたこともあり)、「ちゃんと読んでないんじゃないの?!」とエヌさんに怒られた。 ちゃんと読んでませんでした、ごめんなさい。
 結局、読むスピードと手持ちのお金が追い付かず、主に古本屋を利用するようになったあたしは江戸川乱歩が執拗に薦めていた『赤毛のレドメイン家』をみつけて(これ自体は乱歩の『緑衣の鬼』のほうが面白かったような気がするんだけど・・・)、それをきっかけに古典の翻訳ミステリを読むようになります。 『グリーン家殺人事件』『黄色い部屋の謎』『赤い館の秘密』(まさかこの作者がプーさんと同じ人とは!)、クイーンの国名シリーズ、『Yの悲劇』(あたしはこれで夏休みの読書感想文を書いた。 そのあと、『Zの悲劇』でショックを受けた)などなど。
 そしてクリスティ『アクロイド殺し』では驚愕のラストに回し読みしていた友達と騒ぎまくり!
 「死のような沈黙が続いた。 私は笑った」のくだりは今もしっかり覚えている。
 アガサ・クリスティはNHKでポワロのドラマをやっていたし、映画『地中海殺人事件』・『オリエント急行殺人事件』などを見ていたのだが、『そして誰もいなくなった』では「映画とラストが違うよ!」という意味でも衝撃でした。
 衝撃という意味では『カーテン』も・・・西村京太郎の『名探偵なんか怖くない』シリーズの最終作『名探偵に乾杯』で述べられていたコメントに大いに同調(尚、西村京太郎作品を読んだのはのシリーズが初めてだったので、のちに十津川警部シリーズを誰かから借りて読んだとき「同じ人?」と思いました)。
 そんなやつだったので、小学6年の担任には「何の本を読んでいるのか見せろ」とあたしにだけ検閲が入り、卒業前の三者面談では「なにを考えているのかわからない」と言われたのであった(それをしぶとく覚えているということは、あたしもそれなりにショックだったのであろう。 特にそんなつもりはなかったのだが・・・)。
 時間軸的には前後していますが(中学校時期も混ざっています)、だいたいこんな感じです。 そしてまだまだ話は続きます。

posted by かしこん at 03:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みこさま<br>
<br>
おはようございます。<br>
こんな以前の記事にまで目を通していただいて、ありがとうございます<img src="/image/emoji/00.gif" border="0"><br>
そしてPCトラブルのため、お返事が遅くなりまして大変申し訳ございません<img src="/image/emoji/82.gif" border="0"><br>
<br>
青い鳥文庫(サイズ的には新書ですけど)は、現在はすっかり様変わりして<br>
しまったというか、「ラノベか?!」とつい言いたくなってしまう表紙<br>
イラストが増えましたよね。<br>
今の子供たちに読んでもらうにはそうしないといけないのかぁ、と寂しく<br>
なりました。<br>
でも先日、仕事場の人とたまたま『宇宙皇子』を昔読んでた!、という話に<br>
なって盛り上がったのですが、きっかけはいのまたむつみの表紙につられた<br>
よね、ということで意見が一致しまして・・・その当時の大人からしたら<br>
「マンガみたいな表紙つけやがって」と思われていたのかもしれないですよね。<br>
<br>
時代の好みというかマーケティングというか、それと自分の好みが合致すれば<br>
いいのですけど、やはり自分が最初に出会ったイメージのほうが強いのは仕方が<br>
ないのかもしれません(ポプラ文庫で復刊になった仁木悦子の表紙はなんだか<br>
ポップすぎるように感じてしまいますし−復刻されたこと自体はうれしいのですが)。<br>
<br>
それとすみません、お尋ねの『トンカチと花将軍』・『ドリーム77』ですが<br>
・・・覚えておりません<img src="/image/emoji/82.gif" border="0"><br>
この記事を書いていたときも「なんだっけあの本、タイトルも作者もまったく<br>
覚えていない・・・」というのが何冊かありまして・・・特に中編・短編だったり<br>
して本の題名として出ていなかったりすると余計に覚えていないということが・・・。<br>
<br>
しかも久し振りにこうして自分の書いたものを読み返してみたのですが、<br>
「オスカー・ワイルドが抜けてるじゃん・・・」といった陥没もまた発見して<br>
しまいました。記憶とはほんとに、困ったものです。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:13
かしこんさん、こんにちは。<br>
偶然この記事を目にして、楽しく読ませていただきました。<br>
3分の2はかぶってます、読書体験☆<br>
<br>
特に「チョコレート戦争」にも言及されていて嬉しくなりました。<br>
大好きだったし今でも単行本と文庫持ってます☆<br>
これとか「霧の向こうの・・・」「コロボックルシリーズ」などなど、<br>
イラストもぴったりでしたよねえ。<br>
「霧・・・」は文庫は旧版も新版もいいのですが、<br>
新書サイズ版のイラストはちょっとなあ。<br>
世界観に合わない気がします。<br>
<br>
ところで児童書「トンカチと花将軍」「ドリーム77」って読んだことないですか?<br>
姉以外に、読んだことのある人に出会ったことがないのですよ。
Posted by みこ at 2016年12月04日 13:13
こんばんは^^<br>
一気呵成に書き上げましたね〜。すごいですねえ。よく昔のことを覚えてますね。<br>
たぶん、忘れているものも含めて本当はもっと膨大な読書歴なんでしょうね。<br>
「宿題ひきうけ株式会社」あった、あった!私、それ読みましたよ。かしこんさんの書き込みを見なければ、多分、思い出すことはなかったと思います。ww 「いたずらラッコのロッコ」なんてのもあったかな。ww<br>
H・G・ウェルズの「タイムマシン」!私も子供の頃、読みました。もしかしたら、同じ本かも知れません。なんかポプラ社みたいな子供向けの名作本のシリーズがありましたよね。私はそれで、小泉八雲の「怪談」^^とか、ダルタニヤンのシリーズの「鉄仮面」とか「三銃士」とか読んでました。(ああ、だんだん私も思い出してきた。^^)<br>
「青銅の魔人」は、戦後間もない頃の風情があって、印象が残っています。戦災孤児が別働チンピラ隊として活躍するんですよね、確か。「白い羽根の謎」は、カバー絵がステキで、私も好きな本です。かしこんさんのここに上げている本は、あと何冊か読んでいますけど、結構、大人になってからです。ww やっぱり子供の頃は、漫画ばっかり読んでましたねえ。貸本屋で1冊20円(だったかな?)で、よく漫画を借りてました。^^では、またです。ww
Posted by ルビー奥村 at 2016年12月04日 13:13
ルビー奥村さま<br>
<br>
コメントありがとうございます。<br>
長々と読んでいただいてありがとうございます。<br>
なんか書いてるうちにいろいろ思い出してくるんです。で、更に長くなり、まとまりがなくなる、という・・・。<br>
またどんどん思い出してきました。続きも長くなりそうです・・・。<br>
マンガも同じくらいたくさん読んでいるんですよ。私の知識のベースは『パタリロ!』から来てるような気がしますし。<br>
『魔太郎が来る』や『エコエコアザラク』などを貸し本屋さんで借りてました! 確かに一冊10円とか20円の世界でした・・・(私の行っていたお店はたこ焼き屋さんと併設で、適当にイスとテーブルがあったので座り読みも可能でした。うわっ、懐かしい!)。<br>
昔の子供向けの世界名作全集的なものは、『あぁ無情』とか『三銃士』などを(勝手に?)短くまとめてましたよね。オリジナルをあとから知って、「これ、どこまで続くの・・・」と困惑したこともありました。<br>
やっぱり子供の頃のほうが脳の働きがよいのでしょうね。印象に残っていますが今読み返してみたら「こんな話だったっけ?」ということもありそうです。<br>
ポプラ社の江戸川乱歩全集、『白い羽根の謎』のような番号後半の作品をまた読み直したいです(明智さんがしっかり事件を解決するやつ。『死の十字路』とかもありましたよね。『黒蜥蜴』はオリジナルとテイストがほとんど変わっていないのが好きです)。出してくれないのかしら・・・です。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:13
かしこんさん、こんばんは。<br>
今回も大作ですね。自分自身の読書史ですか。読んでいて微笑ましい気持ちになりました。それにしても、本をたくさん読まれているし、その本をよく覚えていますね。記事の中の本は『十五少年漂流記』くらいしか読んでないような気がします。<br>
最近はBOOK OFFで105円の単行本(直木賞とか芥川賞とか、なんとか賞をとったやつを中心に)を買ってきて読むのを習慣(さぼる方が多く積読だけになる場合もあるけど)にしています。読んでも題名と作者の名前、内容まですぐに忘れるんです。変でしょう。<br>
また会社の同僚にゴツイ顔のくせに読書家がいるので、よく本を貸してもらったりしています。村上春樹の1Q84は3巻貸してもらい読みました。恥ずかしながら村上春樹初めて読んだのですが面白かったですね。早く4巻が発刊されないのかと思います。<br>
また、かしこんさんの読書史続編を期待しています。<br>
Posted by LEMMON at 2016年12月04日 13:13
LEMMONさま<br>
<br>
長い文を読んでいただいてありがとうございます・・・自分で言うのもなんですが、大変だったのではないですか。<br>
今後更に趣味に走った内容になりますが・・・笑ってやってください。<br>
<br>
不思議なことに、子供の頃に読んだ本のほうがよく覚えているのです。今に近づくにつれ、インパクトのある作品は別ですがそれほどでもない場合は「確か読んだはずだけど、内容は・・・」と説明できなくなったりして。ブログで読んだ本の感想を書くのも、記憶が曖昧になるので記録に残しておきたい気持ちの表れなんです(といっても読んだ本を全部書いているわけでもないのがまた微妙)。<br>
私も積読本は多いです・・・気分で優先度が変わるので、タイミングを外すと何年も日の目を見ないことが。定期的に整理して優先順位を決めたりしてますが、更に本を買ってしまってまた増える・・・です。<br>
<br>
村上春樹は高校生のときに『ノルウェイの森』を読んだのですが、「なにがなんだか・・・後味悪すぎだし」とそれ以来敬遠しています。でもファンの人は必ずどこかにいて、『羊をめぐる冒険』で悪い印象はなくなったんですけど自分から進んで読む気にはまだなれません。『海辺のカフカ』からかなり変わって読みやすくなったと聞いてはいるのですが・・・だから多分『1Q84』も面白いんでしょうね。<br>
図書館で普通に借りられる日が来たら、読んでみようかと思っています。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック