2011年06月26日

とりぱん 11巻/とりのなん子



 わー、『とりぱん』の新刊が出ている〜!、ということに小躍り。



 「北東北、身の丈ワイルドライフ」がキャッチコピーのこのコミックエッセイ、



具体名は調べていないが作者の住んでいる町は岩手県の県北部(青森県寄り)の



山間部地方だとあたりがついていたので、地震で大きな被害が出た場所ではない



だろうとわかってはいた。 わかってはいたけれど、調べるのが怖かった。



 本屋で『週刊モーニング』の表紙を見ても(紐でくくられているので立ち読みは



できない)、表紙に『とりぱん』の文字がなかったりしたから。 ま、表紙デザインの



都合上、連載作品全部が載るわけじゃないんだけどね。



   しかし実際は、連載は一回も休むことなく続いていたらしい。



 今回の表紙はメジロでございます。



 冒頭のカラーページはまた冬の入口。 次はいきなり『僕の小規模な生活』の



パスティーシュまんが『私の小規模な鳥活』として『僕の小規模な生活』そっくりの



タッチで一話(羽)分まるまるやってしまう器用さは相変わらず。



 えさ台レギュラー陣の鳥たちに加え、10巻から加わった金魚のまるちゃんと



きんちゃんも相変わらずのパワーでネタを提供。 季節は移るけれども変わらない



日常が続くはずだった。 あの日までは。



 あたしの予測通り、作者の住んでいるあたりは「地震が来て大停電になったが、



それほど被害は大きくない」地域だったらしい。 雪が降ってきたのに熱源がなく



(灯油の反射式ストーブや暖炉があるところは使っていたらしいが、余震のことを



考えると反射式ストーブもあまりおすすめできない)、そもそも電気がないので



夜は真っ暗、携帯電話も何もつながらない。 人は文明の利器を失うとなんと



ちっぽけな存在かと、“孤独”を思い知ったと。



 そして翌日電気が通って、テレビで初めて被害の大きさを知り言葉を失う・・・



それはあたしの実家の人たちや、地元の友達が体験したこととして聞いたことと



まったく同じだった。



 作者は冷静に描いている。 悲惨さも深刻さも最小限にして。



 けれどあたしは涙が止まらなかった。



 今でもあたしは思っている。 地震を体験できる場所にいればよかったと。 津波で



行方不明になった人と代わってあげられたらいいのに、と。 5年先・10年先に白血病に



なっても構わないから生きたい人の代わりに放射能を浴びる場所に行きたい、と。



 感情論です、わかっています。 けれど東北の復興の先が見えないままでは、



あたしは自分の人生の先を考えることができない。 あの日から、あたしの心は



東北に置き去りなのだ。



 それでも東北は全滅したわけじゃない、美しさはあの日のあとにもちゃんとありますよ、



と、このマンガは教えてくれる。 だからそれをはげみに、あたしももう少し生きようと



思った。 ダメダメな政府がどんなことをしてくるのか、とにかく見届けなくてはね!



 多分関係なく、地元の人たちがなすべきことをしていくんだと思うけど。


posted by かしこん at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック