2011年05月28日

いろいろと、さんざんで



 舞台を見に、久し振りに梅田へ。



 芝居についてはまだ公演が残ってるみたいなので詳細は後日アップすることに



しまして、リニューアルオープンした大阪駅周辺、三越伊勢丹&ルクエをのぞいた



ことについてちょっと。



 とはいえ時間に余裕がなかったので、飲食店&スイーツ系をメインに見たわけ



ですが・・・関西初出店のお店が多くて、びっくり。



 『クリスピークリームドーナツ』は大阪初出店ではないけれど、「あぁ、ここにできた



のかぁ。 道理で神戸でもここの箱を持って歩く人が急激に増えたのはこのせいかぁ、



と納得。 と、その先には『スープストック東京』が! 高いけどここの“オマールエビの



ビスク”が好き。 おぉ、フルーツのジェラート&ソルベ専門店『GROM』も!



 はっきり申し上げて、ここで挙げたお店の単価は決して安くありません。 東京に



行って旅気分で財布のひもが緩いときにはOK、という価格を、日常線上の大阪駅で



ゆうゆう払えるか、というのはいささか疑問が湧かないわけではない(今はオープン



したばっかりでにぎわってますが)。



 さて、と三越伊勢丹地下に移動。 『ジャン・ポール・エヴァン』が入ってる!



 あ、伊勢丹だから当然か、と納得も、カフェ併設のようであまりの人の並び具合に



店内をのぞきこむこともあたわず。 ショコラだけ、買えるのかしら?(しかしここの



お店は店員さん一人に一組の客、と決まっているので、この行列がカフェ待ち客なのか



ショコラ待ち客なのか判断できず)。



 と思ったらその隣に、『ピエール・エルメ・パリ』が!



 ここ何年かあまりいい評判を聞いていなかったのだけれども(できる人は独立したり



他に移ってしまったとか、青山のお店の接客がなってないとか)、それでももう一度



プレジール・ショコラを食べたかったのです。 それが判断材料になるしね。



 ところが、お店にはマカロンと焼き菓子しか置いてない・・・



 思いあまって店員さんに聞く。 「生ケーキ、置く予定はありますか?」



 「今はご用意がないんですが、いつかはお出ししたいと考えているんですが、まだ



はっきりとした時期はお答えできません」とのこと。



 そうですか・・・とすごすごと、時間も時間だし人の多さにも疲れたので西梅田方面に



向かう。 ハービスENTやブリーゼブリーゼはいつも以上に人が少なくてなごみますなぁ。



 が、これで疲れが出て、中途半端に舞台に集中し、寝てしまってはどうにもならん、と



ブリーゼ4Fのエスプレッソのお店『イリー』へ。



 といってもあたしにエスプレッソは無理である。 カフェラテでもきつかろう、と



メニューを隅から隅まで見て、チョコレート入ってるやつ、発見!



   ちゃんとハートの模様をつくってくれる。



 「チョコレートが下に沈んでおりますので、よくかき混ぜてお召し上がりください」と



言われたけど、模様を壊すのが忍びなく、ちょっと一口。



 フォームミルクの肌理が細かくて、「あぁ、イタリアンバールって感じ!」と盛り上がる



も、エスプレッソは強力だった・・・。



   断面写真。



 これはこれで美しいですが、マドラーでガシガシかき回します。



 一口、ふ〜。 ショコララテっぽくなりまして、おいしいんですが、とにかく濃い



 エスプレッソも濃いが、チョコソースも濃いんじゃ!(ハーシーズのチョコシロップか?



疑惑浮上) これで居眠りすることはなさそうであるが、夜も眠れないかもしれん・・・。



 さすが本場、イタリア。 スタバは所詮シアトルね〜。



 はぁ、チェイサーに水がほしい・・・。



 (しかし2/3ほど飲み終わったところで店員さんがお水を持ってきてくれて、非常に



ありがたかった。 めちゃめちゃ水がおいしく感じた)



 パニーニなどもおいしそうだったのであるが、なんか気疲れと、これいっぱいで満腹



(しかし得てしてそういう場合、家に帰ってからおなかがすくのよね)。



 無事、舞台は全編、記憶が欠落することもなく鑑賞。



 で、帰りは阪神電車に乗ったのだが・・・その日は甲子園で対阪神戦があったらしく、



甲子園口から客が大量に乗車。 読書もできず、足も踏まれ、結構さんざんな目に・・・



 お菓子類を買わなくてよかった、と胸をなでおろしたのであった。


posted by かしこん at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック