2011年05月22日

ダンシング・チャップリン



 いつものシネ・リーブル神戸が、びっくりするほど、込んでました。



   予想外のお客の数・・・見込み甘かった。

   シニア層はいつでも1000円なのだから、レディースデイやサービスデイは

   できたら避けてほしいなぁ(心の叫び)。



 普段通りにチケットを買ったら、整理番号58。 「えっ! ずいぶん込んでるん



ですねぇ」と思わず声に出る(あたしはいつも、だいたいヒト桁が多いので・・・)。



 「はい、前の回が満席でして、そのまま次の回のチケットをとられたお客様が



多くて・・・この回も満席近くなるかもしれません」と、カウンター嬢も少々お疲れの



ご様子。 さもあろう、普段この映画館に来たことないでしょ、なシニア層の方々が



3人以上の集まりで訪れているのだ(そしてカウンターで誰がお金を払うかで



ひと悶着し、もうチケット発券しちゃってるのに「クレジットカードで払える?」などと



無理難題をふっかける・・・そんな組み合わせがいっぱい)。 そりゃ疲れるよな。



 しかしなんでそんな人々が、この『ダンシング・チャップリン』に群れるのだろう?



(最近リアルタイムでテレビ見ていないのでわからないが、大々的な宣伝がなされて



いたのかしら? 『Shall we ダンス?』の好きな世代? 草刈民代ファンとか?



もしくはバレエファン? はたまたチャップリンのファンか?)。 それは結局、



最後までわからないんだけど(まぁ、興行成績がよくてシネ・リーブル神戸の経営の



役に立つならそれでいいです)。



 映画としては二部構成。



 第一幕<アプローチ>は、周防監督が実際に『ダンシング・チャップリン』の



創作者で振付師のローラン・プティと会って映画化の許可をもらうこと、どういう



映画にすることの話し合いと、「チャップリン役は彼にしか許さない」と言われて



いるダンサーのルイジ・ボニーノや草刈民代やダンサーたちの顔合わせ・稽古



風景がドキュメンタリー的に綴られる。 これが面白かった。



   プロ、しかも一流の人たちのやりとりは、

                それだけでスリリング!



 ルイジ・ボニーノのダンサーとしての才能は勿論人間としての魅力がちょっとした



場面からたっぷりうかがえる(ファンになりました)。 そしてあまり時間は割かれて



ないけど、同じ創作者としてのローラン・プティと周防監督のせめぎ合いによる緊張感



(「このダンスはプティさんのものだから、彼にOK出してもらえないことはできない」と



言いながらも自分の意見を取り入れてもらおうと苦悩する周防監督の姿があります)。



 稽古風景もなかなか見られるものじゃないし、本番までにどのような試行錯誤が



繰り広げられるのか、実際の身体の動きだけじゃなくて会話でのやりとりも見せて



くれて、もっと見たかった(予告であったシーンがなかったんだけど・・・また別の



メイキングがあるのかな?)。



 で、5分間の幕間を経て、第二幕<バレエ>。



 第一幕の結果がこうなりました・・・の発表会といった感じ。



   キャスト勢揃い。



 でもオリジナルの『ダンシング・チャップリン』を映画用に短縮・脚色したようなので



(フルでやったら上映時間は3時間を優に超えそう)、これでバレエの『ダンシング・



チャップリン』を知った気になってはいけないのだろうけど、映画ならではの野外ロケと



いった趣向を活かし(監督、プティさんを言い負かしたのかな?)、スオウオリジナルを



つくったのだと思う。



 監督曰く「これが僕のバレエ入門」とのことですが、その原動力が妻への愛でないと



言えるか?、というくらい草刈民代への愛情と尊敬の念があふれた作品になって



おります(観客としても“バレエ素人に対するバレエ入門”であるといえる)。



 あたしとしてはルイジ・ボニーノという存在を知ったことで大満足!



   『街の灯』



 チャップリンは子供の頃NHKでやったのを見たっきりなあたしは深いことは



わかりませんが、それでも「あぁ、あれはあれね」と感じられたのでよかったかなぁ。



 『草刈民代、最後のバレエ』が愛する夫の手でつくられる、それもまた映画の



マジックだと思ったりして、ニヤリです。


posted by かしこん at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック