2011年03月16日

なんでこんなにメンタル弱いのか・・・

 今朝、目が覚めたら相当な頭痛に襲われた。 原因はわかっている、金曜日以降あまり眠れていないからだ(そもそも不眠症なのに「眠れてない」ってのが変ではありますが)。 でも最近は残業も多くて疲れがたまってきてるから、“マイスリー10mg”をのんだら2時間後ぐらいに眠くなるようにはなってきたのですよ・・・。
   ※マイスリー10mg:ゾルピデム酒石酸塩
    普通は5mg服用から始まる入眠剤。 眠る直前の服用が推奨されています(つまりそれだけ早く効くということ。 2時間かかるあたしはおかしいが、それでもましになってきた方だったのだ)。

 ちなみにあたし、入眠剤として“レンドルミンD 0.25mg”・“デパス1mg”・“メイラックス2mg”も服用しております。 それでもダメなときは“ハルシオン0.25mg”と“ランドセン0.5mg”を追加。
 ドクターに「これ以上出せる薬ないかも」と言わせるある意味つわものであります。
 原因はわかっている。 地震だ。
 そしてもたらされる情報と報道のありかた、会社にいる若いにーちゃんの心ない一言、ラジオから時折聞き取れる上から目線。 言ってる人に他意はない・深い意味はないとわかっている、聞き流すのが大人の対応だというのもわかってる。
 でもあたしには、耐えられないんだ。
 多分、緊張の糸が切れた。 もしくは、被災者じゃないくせにPTSD。
 今日は会社休ませてください、とお願いをする。
 仕事は年度末に向けて佳境だが、昨日遅くまで頑張って早く仕上げたものもあるし、きっと「この地震があたしに与えているダメージ」についてえらいさんはわかっており、一日休ませてもらった。
 じゃあ、寝なおそう・・・としたが、まったく眠れない。
 二度寝が大好きなのに・・・あぁ、原因は頭痛か、と熱を測ってみれば37.46℃。
 ちなみにあたしの平熱は35℃前半です。 確実に、知恵熱じゃん!
 薬を飲むために何か食べねば・・・と、だし汁にホウレンソウと豆腐をぶち込み、沸騰したところにといた卵を流し入れ、いい感じにかき玉になったところで火をとめて味噌を溶く。 冷蔵庫にネギがないのが残念である。
 それをふーふーしながら食べ&飲み、テレビをつけたが相変わらず下世話な放送なのでたまったドラマを見ることにし、はちみつお湯割りでなごみつつ“ロキソニン60mg”をのむ。
 だらだらしながらビデオ見つつ、ごろごろしていれば眠くなるんじゃないかと思って。
 しかし、まったく眠くならない・・・夕方近くになって、ようやくうとうとするかも、程度。
 でも昼間あんまり寝ちゃうと夜また眠れなくなっちゃうんだよな・・・バランスが難しいのですよ。
 ちょっと気分を盛り上げようと、買っていたがまだ読んでいないマンガを読むことに。

  ちはやふる12.jpg 『ちはやふる』12巻
 相変わらず一冊の中で時間の進みは遅いが・・・それでも一生懸命な、そして自分では気づかない「成長」を若者が手にしていく姿はすがすがしい。

  ここではないどこか3.jpg 『シリーズここではないどこか 春の小川』
 片思いにぐるぐるする少女から、誇り高き決断をしなければならない女性、若くして逝った母への息子からの思慕などをを少ないページで美しく描き切る珠玉の短編集。 萩尾望都のテクニックがさりげなく全部詰まってるかも。 表題作『春の小川』なんて泣かない人はいないだろう、という感じ(でも「お涙ちょうだい」で描かれているわけではないのだ)。

  ねこしつじ2.jpg ねこしつじ 2巻
 短いインターバルでの続巻。 2巻目にしてもうマンネリが入ってきてるが・・・まぁそれが桑田マンガの味なんでそれもよし。
 しかし、22:31、あたしの住んでるところにも揺れはやってきた。
 比較的高層マンションなため耐震構造上、上の階ほど揺れるのはわかっているのだが、縦揺れとも横揺れとも違う、まるで円を描くような揺れに、乗り物酔いのような感覚に陥りいきなり気分が悪くなった。
 これ、懸念されてた最大の余震?(気象庁のHP見て震源が静岡だと知るが)
 プレートで生じたエネルギーが噴出場所を探しているのか・・・これでは次にどこが震源になるかまったくわからないし、どこが揺れてもおかしくない・・・西日本にまで被害が出たら、どうやって東北を救援するのだ?
 不意に、息が苦しくなる。
 そして金曜からの不調の理由もなんかわかった。
 あたし、ちょっと「ウツ」入ってきてるかも!
 あぁ、仕事いそがしくていつもの病院に間に合わなくて予約を変更してもらったからなぁ。 あのとき行けてたらまた違ったかも・・・でも実際は一週間後。
 明日、会社に行けるのか、あたし・・・。

posted by かしこん at 02:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。懐古庵と申します。<br>
不眠症大変ですね。私は10数年前に、ある出来事がきっかけで、<br>
それまでも3時間程度しか眠れなかった状態から、ほぼ眠れない睡眠ゼロへ陥ったことがあります。<br>
書かれているお薬も服用していましたが、精神的にダメージ受けてる時って無理だったりしますよね。<br>
担当して下さったお医者様には「入院」を勧められましたが。拒否しました。<br>
ただ、その時のお医者様の「横になるだけでいいから。頭は眠ってないようでも体が休んでくれるから」<br>
という言葉で、無理に眠ろうと頑張らなくなりました。<br>
今回の事で私も何もできないもどかしさと不安で胸がずっとつかえた状態でいます。<br>
ただでさえ短い睡眠もまた困難になっています。<br>
でもとりあえず横になって体だけでも休めるよう心掛けています。<br>
かしこんさんも無理に眠らずともゴロンと休んでくれたら嬉しいです。<br>
長々と失礼しました。それでは。
Posted by 懐古庵りゅうこ at 2016年12月04日 12:51
懐古庵りゅうこさま<br>
<br>
はじめまして、かしこんと申します。<br>
あたたかいコメントをありがとうございます!<br>
とてもうれしいです。<br>
<br>
実は、眠れないのはいつものことなのでそんなには気になっていない・・・と思います。<br>
ただ、「被災者じゃないのになんでこんなにダメージ受けてるんだ!」ってことに自分で<br>
苛立っている、ということのほうが問題なのだと思います。<br>
神経過敏になって、パニクったハリネズミのようにやみくもに攻撃性が頭をもたげます<br>
(仕事場の無神経な若者の一言に物を投げそうになり、貧乏ゆすりがひどい隣の席の人の<br>
足を何度も蹴り飛ばしたくて仕方ありませんでした)。<br>
悲しみを受容するまでには5段階あるそうですが、あたしはまだ「怒り」の最中にいる<br>
ようです。<br>
<br>
夜、布団に入っても眠れないのはわかっているので、時間があるときはお風呂上がりとか<br>
食事のあとにテレビを流しながらダラダラとごろごろしたりしています。<br>
意外とそういうほうがちょっとウトウトしたりして。<br>
ただ、太りますが・・・。<br>
<br>
本日(水曜日)は無事?に出勤しました。<br>
不眠症はウツ予備軍だそうですし、一歩踏み外せばあたしも鬱の闇の中に落ちそうな危険を<br>
感じていますが、それでも「考えすぎず・気楽に・頑張らずに必要とあれば逃げる」と<br>
ドクターと決めたひそかな座右の銘とともにやんわりと生きていければな、と思っています。<br>
それでも厳しいときは厳しいのが難しいところですが・・・。<br>
<br>
同じ悩みを持つ方からアドバイスをいただいて、とてもうれしかったです。<br>
懐古庵さまも、どうぞご自愛くださいませ。<br>
「無理しない」、これがいちばん大事ですね。<br>
ありがとうございました。<br>
あ、返信が長くなってしまいました・・・ごめんなさい。
Posted by かしこん at 2016年12月04日 12:51
おはようございます。<br>
今回は短めにいきます。<br>
無神経な発言をする者には物を投げ(ペットボトルあたり)、隣で貧乏ゆすりをするような無礼者は<br>
足(または椅子)を蹴り上げる。実行してもいいと思います。<br>
私ならやります。事実、やった事あります。理由が分かれば案外周囲の人は気にしなかったりして。<br>
私の周りだけかも知れませんが。暴力は別として意思表示だけはした方が楽ですよ。
Posted by 懐古庵りゅうこ at 2016年12月04日 12:51
懐古庵さま<br>
<br>
早朝からご連絡ありがとうございます!<br>
「はははははは!」と笑ってしまいました。<br>
笑えました。 ありがとうございます!<br>
<br>
仕事のほうがひと山越えてきまして、多少ゆとりが出てきました。だから貧乏ゆすりの人には<br>
「それ、止めようと思ったことあるんですか?」って聞いてやろうかなぁ、とか、もしくは<br>
子供の頃から家庭でしつけしてもらえなかったかわいそうな人だと思おうかとか、男性なので<br>
よくわからない内部にある攻撃性(?、落ち着きのなさ?)を隠すこともできないほど自制心の<br>
ない人なんだなってことで憐れむか、とか想像して、心の中で溜飲を下げていました。<br>
無神経発言の若者は仕事でちゃっかりというかやっぱりというかポカをしており、まわりの人に<br>
迷惑をかけていました。 あたしは同じプロジェクトにかかわってなくてよかったです。<br>
「因果応報」だなぁ、と思ったらちょっと気が楽になりました。<br>
<br>
でも、次ブチ切れそうになったら、実力行使に出るかもしれません!<br>
出てもいいんだ!って思えたらなんか「勝ったも同然」です。<br>
ほんとうに、ありがとうございます!<br>
Posted by かしこん at 2016年12月04日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック