2011年01月27日

しあわせの雨傘/POTICHE

 『しあわせの雨傘』もまた、『クレアモントホテル』と同様、「基本的にいい人ばかりが出てきます」。 ひねくれ者のあたしではありますが、こういう世界結構好きなんだな〜、と思う(基本、所詮はお人好しです)。
 とはいえ、こちらはフランソワ・オゾン作品ですから一筋縄ではいかないんだけど。
 原題は直訳すれば“飾り壷”。 つまり“お飾りの妻”。
 時代はまだ1970年代。 傘工場を運営している家の創業者の娘であるスザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は工場の経営を夫(ファブリス・ルキーニ)に仕切られ、子供たちは独立し、ジョギングしたり詩を詠んだりぐらいしかすることがない。 保守的な夫が家事をすることも許さないのだ(メイドがいるし、家の格が違うんだみたいな感じ)。

  しあわせの雨傘1.JPG とはいえ、ジャージ姿でもイキイキ。
 それでもそんな日々に幸せを見いだしていたスザンヌだが、娘から「お母さんみたいなお飾りの妻にはなりたくない」と言われショックを受ける。
 そんな折り、工場の労働者たちは待遇改善を叫んでストライキに入り、社長である夫は大激怒。 「労働者が権利を主張するなどけしからん!」というわけである。 が、心臓発作で夫は倒れ、旧知の人物である市長(ジェラール・ドパルデュー)に仲介を頼んでスザンヌが団体交渉の席に着くことに・・・それから始まる、長年お嬢様の地位にいた女性なりの解決策と新たなる自己実現の物語。
 でも傘工場再建のサクセスストーリーを期待しちゃうと、その過程はあっさり省略されてるし話は別の方向へ行っちゃうし、「あれ?」となってしまうのでご注意ください。

  しあわせの雨傘3.JPG 「この会社の最高責任者は誰なんだ!」
      「・・・今は、私よ」

 「そんなにうまくいくかよ」とか言ってしまってはいけない。 “お嬢様育ちのカトリーヌ・ドヌーヴ”を見るための映画でございます。 『隠された日記』とは全く違い、悩みやら屈折やら一切内面に持たない苦労知らずぶりを見事に見せてくれます。
 半端にお嬢様育ちをひけらかす者はお嬢様ではない、これこそ真のお嬢様!、なのは相手をやりこめて満足するのではなく、非難や逆恨みを受け流し相手がこちらに負の感情を向けてくること自体を「なかったことにしてしまう」。
 その過程が、やたらキュート(ただ『クレアモントホテル』のミセス・パルフリーよりはしたたか度はかなり上です)。
 夫の愛人がいても意に介さない、その女性が仕事上有能だと感じたら信頼を寄せる。
 本来敵と思っている妻にいつしか心酔する愛人はあっさり社長を捨てる(でも利用できるときだけ利用)。 そんな女性のしたたかさと、同じ目的を前にした共闘力のすごさとか、楽しい。 しかしスザンヌの娘だけが異分子なのがなんとも物悲しかったりする(彼女だけが口は達者なくせに夫に依存したままの自立する女性ではないから。 監督がゲイだからかオゾン作品は依存体質の女性に厳しい。 こういうとき、いろいろ叱咤激励してくれるゲイの友達がほしいなぁ、と思ってしまう)。

  しあわせの雨傘5.JPG 長男はずっと昔から母親の味方だったのに。
 この芸術肌の長男、なんとジェレミー・レニエだったのだ・・・この屈託のなさぶりどうしたんですか! 普通のハンサムじゃないですか。
 『約束の葡萄畑』とはほとんど別人だ!
 ジェラール・ドパルディーは見るたびに巨大化してる気がしますが、大丈夫ですか?
 唯一の損なキャラクターであるスザンナの夫、ファブリス・ルキーニは『親密すぎるうちあけ話』のシャイで奥手な精神科医とは同一人物とはとても思えず、目を疑いました。キュートさのかけらもなかった・・・ま、妻の本質を見抜けない段階で経営者として失格なので、ほんとに損な役だったんですね。
 「女性の社会進出」など隠しテーマもあれど、そこはあくまでスパイスとして。
 経済的にというか精神的に自立する女性、そして母性への讃歌。
 そういうのをストレートに描いてしまうオゾンは、日本のうるさい変なおばさんよりよほどちゃんとしたフェミニストだなぁ。
 しかしフランス映画、そんなところにもお得意の艶笑話を持ってこなきゃならんのか・・・というのはちょっとがっかり。 それがオゾン的毒だとしてもパンチは弱いし、結局ジャージ着ようがドレス着ようが美しいドヌーヴを映しておきたかっただけなのかな、という気もする(まぁ、それでも十分だったりするが)。
 大爆笑ということはないけど、ついくすくす・にやにやしてしまうそんな映画はやはり観終わった後の気分も軽くなる。
 すごいなぁ、ドヌーヴ!

ラベル:外国映画 映画館
posted by かしこん at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック