2011年01月24日

2010年地上波春ドラマ開始!

 どうも10月〜3月は『相棒』が続くので、改編期だということを忘れがち。 
 しかも12月終了のドラマってわりと早く終わるじゃない? 年末年始で録りまとめたのを見るけど、駆け足なので印象がごっちゃです。
 まぁその中でもよかったのは、『モリのアサガオ』・『SPEC』・『秘密』ですかね(実はまだ『秘密』は途中までなんだけど・・・そして『ゲゲゲの女房』も最終週だけ、『龍馬伝』も残り4回くらい見ていない・・・あ、『セカンドバージン』全話録画したけど一回も見てないわ、見たらはまると評判ですが)。
 で、1月からのドラマですが・・・最初からある程度録画しちゃうから、見る暇なくHDDを圧迫するのだということに今頃気づき、とりあえず一週目を見て今後を判断しようと決める!(決めるの遅い・・・)

『最上の命医』
 小児外科もの。 医療ドラマはキライじゃないが、ちょっと乱立しすぎでは。 
 オペ最中の「そんな方法見たことない!」という見学している医師の叫びに「え、他のドラマで見たけどな」と冷め、「結局、医療をビジネスととらえるかそうでない理想主義者の対立っぽい感じになりそうだなぁ」、と脱落。
 陣内孝則の役は裏がありそうでそこは気になるんだけどね〜。

『CONTROL 犯罪心理捜査』
 これって、『ライ・トゥー・ミー』+『メンタリスト』の『ガリレオ』風味?
 うーん、刑事ドラマは『相棒』との差別化に精一杯で、プロファイリング系に走ってますなぁ。 『メンタリスト』のほうが面白かったわ、ということで、脱落。

『美しい隣人』
 なんだかんだでこれがいちばん楽しみかも〜。 美女二人を見るのは目の保養です、渡部篤郎が老けこんでいて悲しくなるが。 しかし壇れいが演じる主人公、人として問題ありに見えるのでもしも今後ひどい目にあってもあまり同情できないかも・・・という自分の中の心の闇も感じさせてくれるので(まだ事情はわかりませんが、なんかマイヤーさん(仲間由紀恵)側を応援してしまいそう)、最後まで見ます。

『ホンボシ〜心理特捜事件簿〜』
 船越栄一郎が元心療内科医って・・・無理あるなぁ(でも実は警察官でもあったりする)。 あなたまでプロファイリングですか。 相手を知るための微妙な図々しさはちょっと古畑入ってますが、あそこまでチャーミングになってないのが残念です(まぁそこが田村正和とのキャラの違いなのでしょうが)。

  ホンボシ1−1.jpg ヤスケンさん、頬こけてますよ。
 とりあえず一回目はヤスケンさんがゲストなので見ましたが・・・これも『ライ・トゥ・ミー』系なんだけど脚本はなんとなくジェフリー・ディーヴァーのキャスリン・ダンスシリーズに影響を受けている気がする。 なのでちょっと2回目も見てみるか〜。

『告発〜国選弁護人』
 田村正和&硬派なつくりで期待がありましたが、あまりにナレーションで説明しすぎではないか? 初回だから設定を説明しとかないといけないからかなぁ、と2話目以降を希望をつなぎますが。

  告発1−1.jpg わ〜、芳正っちだ〜。
 しかし共演者も豪華よねぇ、としみじみする。 脚本は王道だけれど、古臭いで終わらないように期待したい。

『外交官・黒田康作』
 初回二時間かよ!、ということでまだ見れてませんが・・・中井貴一と福山雅治は出るのでしょうか? イ・ビョンホンはどうでもいいです。 いったい黒田さんは世界何カ国語を話せるのか?、というのが実はすごく気になります。

『悪党〜重犯罪捜査班』
 これは・・・『ザ・シールド ルール無用の警官バッジ』ですか?、と思ったけどやはり日本人、そこまでドライになれないというか根底には人情が流れちゃってますね。
 しかもキャストが渋いので見てしまいそう。
 平山くん、また刑事かい・・・(でも髪パーマかけたらちょっと若くなったよ〜)。
 こんなに軽薄喋りする鈴木浩介、他で見れないし〜。

『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』
 これは明らかに『クリミナル・マインド』よねぇ。 本家と違ってこっちはメインが若いから、事件や犯人に対する興味が先走り過ぎて被害者側への思いやりがあまり見えてこないのがイタい。 中間管理職的な苦悩のユースケ・サンタマリアに希望をつないで、もうちょっと様子を見よう。

 でもこの先のドラマW(WOWOWオリジナルドラマ)でユースケが臓器移植コーディネーターの役をやるらしく、なんかそっちのほうが面白そうだった・・・。
 あ、『江』も一応録画してますが、まだ見れてません・・・とりあえず『龍馬伝』が先よね・・・って、それはいつだ!

ラベル:ドラマ
posted by かしこん at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック