2011年01月17日

1.17

 今日の神戸は朝が早い。
 ニュースで取り上げられる東遊園地以外でも、比較的被害の大きかった地区は近所の公園で“追悼の集い”をおこなう。
 事前に「2リットルペットボトルの下半分を提供してください」のチラシがまわる。 その中にロウソクをセットするためである(風除けと、セットしたあとの持ち運びが楽なのと、仮に倒れても他に燃え広がらないためもあるかも)。
 あたしは震災後に神戸に引っ越してきたので、話を聞いたり当時の写真を見たりの伝聞でしか知らないのであの地震について語ることはできない。
 「絶対に風化させない」というのが被災者の総意であるならばそれを支持したいと思う。
 ただ、16年前のこの日あたしは北東北にいて、実際に地震のことを知ったのはその日の夕方で(バイト仲間に徳島出身者がいて、やっと親と連絡がついたという話を聞いたからだ)、リアルタイムで知りえなかったことを後ろめたく思っていた。
 学生仲間が「神戸にボランティア行ってくるね」と出発したときも、「ボランティアってただ行くだけじゃ足手まといだよ、自分の世話は自分でできるような準備をしていくのか?」(食事や寝るところも自分で確保しないと被災者の方々に迷惑がかかる)と軽い言い争い?をしたこともあった。
 ボランティアに行った彼女はその後、養護学校の教員になり、あたしはこうして神戸に住んでいる。 なんだか、不思議だ。
 なので失礼だとわかっているが、この日を「忘れない日」として日本中に定着させたのは(被害が未曽有ということも勿論だが)神戸という街のブランド力あってこそ、だとも思う。 新潟での大地震の日を、誰もがすんなり思い出せるだろうか。 山古志村がどうなったのかわかっている人はどれだけいるだろう? 田舎の山間部が被害の中心だったから人的被害は少なかったが(人口が少ないからね)、地震のスケールやライフラインや建物などへの被害はものすごいものだったのに。
 だからこそ、「神戸だけ被害者づらするな」みたいな心ないことを言う人もいる。
 だが基本的に忘れっぽい日本人であるあたしたちはこれをきっかけにしていろいろなことを覚えていかなければならないのだ、と思った方がいいのではないだろうか。
 集会は、早朝である。 黙祷は5:46。
 だがそのことに誰も文句などは言わない。 それが被災者や関係者の矜持であるかのように。 だからあたしは不思議なのである。 ある意味、行政の不手際でここまで被害が大きくなったのに(その後の仮設住宅問題でもコミュニティが崩壊し孤独死は続いているというのに)、なんで神戸市も兵庫県も選挙の投票率が低いのであろうか。 お上など信じない、自分たちで何とかする、の気持ちが政治的無関心を引き起こしているのならそれはそれで問題なのだが(しかし自衛隊の好感度は高いようである)。
 やっぱり、あたしにはまだわからないことが多い。
 会社行くとき、誰かわからないが歩道に撒かれた水が凍っていて、あたしはまるで氷河を渡るような気分で歩かなければならなかった(普通の靴だったので)。
 こんなに冷え込んだの、こっちに来てから初めてかもしれない。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック