2010年12月31日

相棒 −劇場版II− 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜

 なんで劇場版のサブタイトルは土ワイチックに戻るんだろう・・・。
 さんざん前宣伝もされていますし、大ヒットもしているようですし、ストーリーについては割愛します。

  相棒Uポスター.JPG あなたの正義を問う。

 前半はすごく面白かった! 右京さん(水谷豊)のあっさりとしたアクションシーンのコミカルさ、でも事情を説明する際にちょっと息切れしていたり、「はい〜?」もちょっと気が抜けてたり。 神戸くん(及川光博)と大河内管理官(神保悟志)のシャワーシーンが何故かあり、「え、サービスショット?」と目が点になったり。 有能なのにうっかり八兵衛的イメージが拭えない米沢さん(六角精司)がやはりうっかりをしでかしたり、中園参事官(小野了)のあまりの仕事のできなさぶりと腰ぎんちゃくぶりに怒りを覚えたりなど、『相棒』ファンキャリアが長い故の登場人物への愛着を感じるシーンのオンパレード。 事件もハイテンポで進みます。

  相棒U−1.jpg もうこのツーショットにも慣れました。

 右京さんの服装で日時の変化を読み取るあたしは「おおっ、右京さんがガングラブチェックのスーツを! え、無地と思ったらピンストライプ?!」とまるで神戸くんの影響を受けたかのようなファッションの変化に動揺しました。 腕時計がジラール・ペルゴになっていたのにもびっくり(ハミルトンぐらいのお値段のものを愛用してると思っていたのに・・・というかなんとなく勝手に右京さんは腕時計に20万円以上使うような人じゃないと思っていたよ。 イギリス時代に蚤の市かなんかで安く買った品だと思っておこう)。
 また空撮から始まるのかしら、と思わせておいて実は海上から始めてみたり(しかし多分東京湾のどこかという設定なのでしょうが、どう見ても外国・・・)、オープニング・エンディングが前作に比べてぐっと映画っぽくなっていたり、前作からの進化を感じます。

  相棒U−8.jpg トリオ・ザ・捜一、また微妙な出番だ・・・。

 警視庁内に潜む闇・警察庁との対立など、『相棒』お得意の組織論はそのまま一般企業といった組織にも通じるのでしょうかね。 だったらあたしも“特命係”で仕事の目的のために自由に動く方を選びます。

  相棒U−4.jpg きゃー! 國村さん!
    長谷川副総監(國村隼)にはテレビシリーズのほうにもまた出ていただきたい。
 宇津井健ってこんな釣り目だったっけ?、とかも含めて地味なようで派手なオヤジ祭的キャスティングにも盛り上がります。

  相棒U−7.jpg 悪いこと考えてそうな二人。

 それ故に、なんか失速する中盤に「あれ?」となり、事件と直接関係ないところ(実際は関係ないわけではないんだけど・・・)で大見せ場となってしまう最後には、「え?」、となってしまい、そのまま迎えたラストシーンには「事件、終わってないじゃん!」と絶叫したくなる始末。
 そう、事件は終わっていませんが、この先に右京さんがとるであろう行動は想像できます。 だからそれでいいのだと言われればそれまでですが・・・なんか「この続きは次回!」って言われたような気がして。 ていうか、この落とし前はシーズン10初回でつけてもらわないとやってられないぜ!
 前作はお祭り感が強くて、ミステリとしては大きく破綻していたけれどあれ一作で一応話は終わっている、という意味では映画として成立していたのかもしれず、世界観やら脚本の出来は今回のほうが質は高いにもかかわらずテレビシリーズと連動させなければ全容が伝わらない、という意味では今回のほうが映画として成立し得るのか、という謎が。 これはテレビシリーズの映画化が持ち続ける永遠の課題なのかもしれないですが、正直なところここまでシリーズの重要人物にとって大事件が起こる話を映画でやってしまうのは、テレビシリーズのファンに対して失礼なのでは、と思うのです。
 時間軸的にはシーズン8から9の間の出来事だし、シーズン9の初回スペシャルとして、もしくは9の最終回として放送すべき内容だったのではないか。
 演者のみなさんはそれぞれいい仕事をされていたし、テレビスペシャルとしてだったら語り継がれる伝説の作品になっていただろうに・・・と思うと、制作側の事情が見え隠れするこの劇場版には正直悲しくなる。 面白いですよ、もう一回見に行ってもいいかなぁと思うくらい好きですが(結構手がかり見落としてる気もするので)、以上の理由により大変残念です。
 あたしの前を歩いていたカップル(多分女性のほうが『相棒』ファン)の男性の「これだったらヤマトのほうが面白かったんちゃう?」というつぶやきが『相棒』ビギナーの感想のまとめだったら悲しすぎるし・・・。
 実は先日BSフジで『古畑任三郎:すべて閣下の仕業』が放送されていたのでDVDに落としたわけですが・・・あたしはこれの本放送当時、古畑さんの苦悩をライツヴィル物時期のエラリィ・クイーンになぞらえて読み取っていたのですが、今回改めて見てみると、ミッチーが出ているという共通点もさりながら、「権力者側の悪vs.それでも法律は守らねば」の構図がすでにここにあるんですよね・・・。
 いや、パクリだとかそういうことを言いたいわけではない(そもそも杉下右京というキャラクター自体が古今東西の名探偵要素をすべて合わせもった人物ですからね、古畑からの影響も当然ありましょう)。 放送時期から考えれば古畑に相棒が影響を与えたのかもしれず(そしてこれがあったからミッチーが新相棒に起用されたのかもしれず)、社会派に行こうと思えば行けたのにあえて行かなかった(でも環境保護テロリストとかかなり触れてる部分はあり)・三谷幸喜という一人の脚本家で書き続けたために結果的に作品数が少なくなった(多分ホラでしょうけど、ご本人はホームズ正典と同じ数の話を書きたいとは言っていたのだ)、ということを考えれば、「長く続ける」ということはものすごい労力と人出を必要とするのだなと実感。

  小野田&右京.JPG 上映時間ぎりぎりに駆け込んだので気づかなかったんだけど、帰りにこのパネルがあった。
    最初に出さないようにという指示が出てるんだろうか。

 そう思うと、『相棒』は物語の落とし所を探しているのだろうか、それとも更に続けるために無謀とわかりつつ大手術をしたのだろうか・・・。
 社会派じゃない、純粋にミステリとしての『相棒』を、次の映画があるなら見たいです。

  神戸くんカード.JPG 神戸くんクリスマスカードをいただきました。
     もう過ぎたけど、余ってるのね・・・。


 というわけで、今年のあたしの映画館で観た映画、これで終了です。 長々とお付き合いありがとうございました。
 マイベストテン、ちょっと考えさせてください。

ラベル:映画館 日本映画
posted by かしこん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック