2010年12月31日

最後の忠臣蔵

 吉良邸に討ち入りした赤穂浪士たちは全員切腹したと思われているが、実は密かに大石内蔵助の密命を受けた二人が生き残っていた。 寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は討ち入りの様子を後世に正しく伝え、殉死する家臣の家族の手助けをするようにと。 そしてもう一人の瀬尾孫左衛門(役所広司)は討ち入り前夜に姿を消し、命惜しさに逐電したと思われている。 あの日から、16年。 かつて親友であったが故に瀬尾の裏切りを信じられない寺坂は、面差しの似た男を見かけて追いかける。

  最後の忠臣蔵1.jpg この女性の存在は重要ですが、ネタばれになると思うので避けます。

 これ、以前映画館のチラシで主なストーリー最後まで書いてるのを読んじゃって、「うわっ、もう見なくていいじゃん」と思ったのだが・・・(誰だよ、あんなチラシをつくったやつ!)、まぁ忠臣蔵を見るなら年末だよねと思った次第。
 とはいえ16年後のサイドストーリー、これは「死に場所を奪われて彷徨し続けた正反対の二人の男の物語」なのでした。
 なので現在と16年前の回想場面で、佐藤浩市・役所広司ふたりとも大して若くない(現在パートではそれなりに同い年っぽく見えないようになっているが、ただ単に役所広司側には生活の疲れが見えているだけのような?)のが微妙・・・そして16年前もただの足軽に見えない佐藤浩市の貫録につい笑いが。

  最後の忠臣蔵4.jpg 「何があったんだ!」

 正直なところ、お互い事情を話してしまえばあっさりとける誤解にもがいているみなさんに、いらっともします。 しかしそれが「武士のさだめ」と言われてしまえば納得するしかない日本人でございます、結局ちょっと泣いちゃうし。
 でも、大石内蔵助の瀬尾への命令はかなり個人的というか、勝手で私的なお願いなんだよな〜。 でもそれを自分に与えられた使命と受け取る場面には涙を誘われてしまうんだけど、上司としての(つまりは家臣の命を預かる者としての)大石内蔵助には大いに失望させられた。
 人形浄瑠璃を引用するくだりは「わかりやすくしすぎじゃない?」と感じてしまったけれど・・・忠臣蔵話に難解さを求めるほうがおかしいのだと途中で気づく。 むしろベタなくらいでちょうどいいのかもしれない(が、行列のシーンはベタすぎだろ・・・と後半げんなりしたが、孫左の誤解がとけてよかったねぇ、と素直によろこぶ自分もいるのです)。
 孫左は使命を果たしたからではなく、使命を超えた感情を自分が持ってしまったことが許せなかった・・・と解釈しました。 それもまた忠義故だと思いますが・・・だからこそ、寺坂もその気持ちがすぐわかったのでは、と。 
 役所広司と佐藤浩市、この二人の演技合戦が見れたというだけで満足できる映画、なのかもしれない。 個人的には今回の伊武雅刀さん、超いい役どころです!

  最後の忠臣蔵5.jpg 季節の移り変わりの表現が素晴らしい。

 『桜田門外ノ変』とは対極の、「武士の生活」のディテールがそこにはあって、エンディングで黒澤組や市川組と呼ばれたスタッフの方々の名前がぞろぞろ続いたのに納得。 しかしみなさん結構な御年のはず・・・後任は育っているのだろうかと余計な心配をしてしまった。 けれどそれもまた、日本らしき日本映画をこれからもつくっていただくためです。 よろしくお願いします。

ラベル:日本映画 映画館
posted by かしこん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック