2010年12月30日

武士の家計簿

 堺雅人を無駄遣いしおって、森田芳光、許すまじ!
 そういう気持ちになったのは、あたしだけ? もともとあたしとは相性のよくない監督さんです、堺雅人が出ていなかったら確実に見なかったであろう、だからこそ予想通りの結果に憤懣やるかたない!
 代々加賀藩に仕える御算用者・猪山家。

  武士の家計簿3.jpg 「勘定が合わぬのは納得いきませぬ」

 武士の命は刀であるが、猪山家にとってはそろばんが命。
 そろばん教育を幼少時からたたき込まれた成之(幼名・直吉)はその腕を買われて明治政府軍で働いているが、彼が回想した猪山家三代の記録。
 というわけで、主役は直吉の父・猪山直之(堺雅人)ではありません!
 全編成之のナレーションで進みます。 何十年という長いスパンの物語なのだから仕方ないのかもしれないが、ナレーションで説明しすぎだし、なのに明らかに説明が足りない、そこは省略してはいかんだろな部分があっさり省略(そして成之役の方、ナレーションが固いというか棒読みなのだ・・・何故これでOKが出る)。
 というか、なんでこんないい題材を持ってきておきながらここまで盛り上がりのない話にできる? 脚本家、出てこい!!

  武士の家計簿1.jpg だからといって個人の物語でもなく。

 直吉が生まれるまでは直之メインで話が進むのだが、直之が生まれてからは「彼から見る父の姿」に視点がなってしまい、前半と後半では直之のキャラクターが変わっているように思える(親になって成長・変化ということもあろうが、そのあたりに説得力がない)。
 「気づかぬうちに借金増額! 返済優先の節約生活!」というつつましくも日々の穏やかな暮らしの中によろこびを見出し、いつしか借金返済! ばんざい!、というある種のサクセスストーリーでもない(いつの間にか借金はなくなっているし・・・まぁ穏やかな暮らしと武士としての矜持というのはあるけど)。
 そこがいちばん盛り上がるところじゃないのか?
 猪山家の人たち(下働きの二人も含む)はすごくいいキャラ揃いなのに、役者もいい感じなのに、活かしきってない!
 藩の中でのことはそれほど描かなくてもよかっただろう(描くならもっとちゃんと描くべきだし、どっちにしろ説明不足は否めない)、その時間をもっと家の中のことに向ければよかった。 仲間由紀恵をもっと活躍させられただろ! おばばさま(草笛光子)とのエピソード、あったほうがいいだろう! 松坂慶子のちょっとずれたお嬢様育ちっぽいところが働き者の嫁のおかげで変化していくみたいなところ、見たかったよ!

  武士の家計簿2.jpg 家族のエピソード、もっと見たかった。

 中村雅俊と西村雅彦はお茶目すぎだが、全然老けないのは何故?
 ということで、いいところもあったのだが・・・「ここはもっとこうしてれば!」という文句(?)が先走り、あまり入り込めないのだった。 どうしてくれる!
 音楽はよかったし、室内の明かりも最初は“ろうそく”→“倹約時代は魚の油”→“近代になればガラスの行燈?というかろうそく覆い”が登場したりと変化が面白いが、親戚集まった宴会の席で渡り箸がされていたりと時代考証的にそれはどうなの?、とつっこみたい部分も出てきたりして。

  武士の家計簿5.jpg かつては厳しさに反抗したが、今では父のことが理解できるようになった・・・的な成之のナレーションで納得しろと?

 堺雅人的にもいいキャラクターなのに・・・そのよさを十二分に活かしきったとはいえないなぁ。 猪山一家を演じたみなさんのチームワークもすごくよさそうなので余計に、「もっと面白いものができたはず!」な気持ちは消えない。
 とりあえず、「おとうさん、ご苦労さま。 そしてありがとう」な話ではあるが・・・それだけでいいのかな?

ラベル:日本映画 映画館
posted by かしこん at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック