2010年12月28日

今年のCD、買いおさめます!

 あー、ジョージ・ベンソンのあたしの持ってないベストがリマスターの低価格で発売になったんだよな〜、といつものタワレコに行くが・・・どこにあるかわからない。
 ジャズヴォーカルコーナーにないし、じゃあブルーズ? じゃあフュージョン? まさかロック&ポップスじゃないよなぁ、で全然見つからない。 へとへとになり、店員さんに訊く。
 「あー、ジョージ・ベンソンはジャズのところにありますよ。 すみません、わかりにくくって」
 え、ジャズヴォーカルのところさっき見たけど・・・と思ったら普通に「JAZZ」のコーナーだった! そりゃギターだけのインスト曲もあるけど、基本歌ってるじゃん・・・“ジャズ”と“ジャズヴォーカル”の区別を教えてくれ〜。

  george benson GreatestHits.jpg THE GREATEST HITS OF ALL/George Benson

 ありましたよ、これを探していたのです。 日本盤なので『アルティメイト・ベスト』というタイトルになっております。 ¥1,500−! 完全限定生産とはいえ20曲入りで全曲デジタルリマスター、解説・歌詞・対訳つきでこのお値段、お安い!
 あれ、ジョージ・ベンソンってこんなに踊れる感じだったっけ? 今頃ファンク要素にくらくらしてみた・・・温故知新、だなぁ。
 とはいえ、うろうろ探している間にいろんなものを見つけてしまっていたのでした・・・。

  マイケルブーブレ ハリウッドエディション.jpg CRAZY LOVE HOLLYWOOD EDITION/Micheal Buble

 祝・ブーブレさまグラミー賞ノミネート!、ではありますが・・・なんで新曲とライヴヴァージョン全8曲収録のディスクをもう一枚つけて出すのか?
 あたし、『CRAZY LOVE』はもう2枚も持ってるんですけど! 悔しいから新曲“HOLLYWOOD”のシングル買おうかと思えば他の新曲入ってないし、二枚目のディスクだけ別に売ってるやつにしようと思うと¥1,780−。 なんで二枚組のこっちが¥1,500−なのか!(輸入盤です、日本盤はさすがに高すぎる)
 なんとなく割り切れない思いを抱えつつ二枚組輸入盤を買うことに。
 “HOLLYWOOD”も聴いててやたら元気になる曲ですが、ライヴ収録の曲を聴いて彼のヴォーカルがまったく乱れていないことに嘆息。
 やっぱり歌がうまい人ってすごい。 
 “HAVEN'T MET YOU YET”ではイントロで観客が大興奮しており、なんかその気持ちわかるなぁ、とうっすら涙ぐんでる自分がおりました。
 最後の曲“BEST OF ME”のソングライターにリチャード・マークスの名前が!
 なんかそれ、衝撃でした。

  Westlife Gravity.jpg GRAVITY/WESTLIFE

 え、ウェストライフってこの前アルバム出たばっかりでは・・・と思わず確認したら去年でしたね・・・一年は早い(が、彼らは着実に仕事をしている)。
 前作よりも、各楽曲のアベレージが上がっているというか、アルバムとしての統一感がすごくある。 勿論これがシングルだろうなぁという特にフックのある曲もあり、ハーモニーにも安定感が。 “The Reason”なんてフーバスタンクのカヴァーですよ! でもすぐ気付かなかった、コーラスソングに違和感なく仕上がってたから。
 ボーイズグループはなかなか長く続かないことが多いけれど、彼らは大きな問題もなく(まぁメンバー一人抜けましたけど、長期で活動休止とかしてないし)生き残ってる数少ない例なので、このままがんばってほしいです。

  the script Science&Faith.jpg SCIENCE & FAITH/The Script

 え、ザ・スクリプトってあのスクリプト? “THE MAN WHO CAN'T BE MOVED”の?
 日本盤が出ていないのでジャケットのバンド名ロゴに見覚えあることだけが頼り。
 ひっくり返せば10曲入ってる。 シングルじゃなくて、セカンドアルバム?
 えーっ、全然知らなかったよ! ちょっと、ファーストアルバムをガンガン推したKISS−FM、何故全然流さない・・・むかっとします。
 もし違ったらどうしよう・・・とドキドキしながら聴けば、ちゃんとヴォーカルは同じ声だった。 ファーストアルバムはメンバーのルーツが露骨に出ちゃった曲とかもあったけど、今作はそのへんがうまく消化(昇華)されている感じ。 そして言葉数が多いけど決してラップにはならないところが、ちゃんと彼らの特徴になった気がする。 ファースト褒められても続かなくて消えてしまうバンドたくさんあるけど、彼らは一枚目以上のものをつくりあげたよ。 よかったね!
 でもなんで日本盤出てないんだろ・・・納得いかない。

  クランベリーズベスト.jpg STARS THE BEST OF 1992-2002/THE CRANBERRIES

 で、金銭感覚がおかしくなっているあたし、¥1,000−コーナーにあったこれを「懐かし〜」と手に取ってしまっています。
 “DREAMS”や“PROMISES”はいつ聴いても名曲だよ!
 CD5枚、しめて¥7,000−。 ま、いっか。
 来年は、浪費を控えよう・・・。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック