2010年11月22日

七瀬ふたたび

 これまででいちばん七瀬らしい、と筒井康隆が芦名星を絶賛!、とチラシに書いてあったので気になって。 しかも脚本:伊藤和典・監督:小中和哉って日本の映像ファンタジーSF界B級の雄!じゃないですか(これ、褒めてるのか?)。
 たぶんダメなんだよなぁ、でもきっとキライにはなれないんだろうなぁ、とたまったポイントでタダ見した。

  七瀬ふたたび1.jpg その冷たげな美しさは買います。

 火田七瀬(芦名星)はテレパスであることを隠しひっそりと生きていようとしていたが、同じような特殊能力を持つ仲間たちと出会うことで能力者を排除しようとする組織に狙われる。
 しかしそんな緊迫したシーンでも、「きみら、どこから帰ってきた!」、といういつの時代かわからない派手服に身を包んで登場されたのにはビビりました(のちにモナコのカジノ帰りだとわかりますが・・・だとしても。 ファッションも安い、スタイリストつけてたらいいのに)。
 原作を読んだのは中学生ぐらいだったかもなので記憶が曖昧ですが、映画はわりと原作通りではあるけど時系列を変えてきた(『桜田門外ノ変』方式ですね)。 
 印象深い列車の場面も回想シーン。 七瀬はすでに仲間たちと出会っており、冒頭ですでに彼女は命を狙われている。 このあたり、原作既読が条件ですか?、というほど説明がなく(あとあと続く回想シーンで補足はされますが)、一見さん大丈夫か?

  七瀬ふたたび5.jpg この先、事故に遭う列車から降りた3人。

 なんとも実は豪華キャストで、自殺に見せかけられた殺人事件ではないかという疑いを持つ刑事が平泉成、署長が大杉漣、公安ですか?と思わせておきながら謎の組織の一員が吉田栄作という三者揃い踏みから映画はスタート。
 全然知らなかったので、このキャスティングにはニヤリでしたわ。 最初に死んでるのが池田成志で、組織の手先のあやしいやつが河原雅彦で、更に爆笑。 ただノリオ役の子が『JOKER』伊達さんの子供時代の子だったので驚愕し、やっと名前がわかりました。 今井悠貴くんというのね・・・『光とともに・・・』の子とは関係なかったのね。 しかし彼は売れっ子です。 このままいい役者の道を進んでほしいわ。
 テレパスが読み取る他人の思考が声や音ではなく映像や文字だったりするのがすっきり見せられてよかったかな。 若い女性に対して「桃」って妄想が出てきたり、『家族八景』も踏襲されていて、シリーズへの愛情を感じる。
 しかし本当に残念な低予算ぶり。
 河原雅彦の死にざまなど、『スキャナーズ』にも負けているのではないかというしょぼさ(実際に比較したらそうでもないのかもしれないんだけど、インパクトでは圧倒的に勝負になってない)。 七瀬が湖を渡るシーンなど頭をかかえてしまいたくなった。 あんな表現するくらいなら省略したほうがよかったよ・・・バビュンと瞬間移動しちゃうとかね。

  七瀬ふたたび4.jpg 平泉成、かっこよかったぞ〜。
    「日本は法治国家だ、こんなことは許されん」
 とはいえ、映画としてはノンシリーズである作品にあえて『七瀬ふたたび』というタイトルにした意味がわかるところでは、原作とはまったく異なる展開ではあるものの製作者側のこの物語に対する愛情、もしくは滅びゆく者たちなのかもしれない能力者たちへの想いを希望に託したかったという気持ちが伝わり、ちょっとジーンときました(SF的に「それは禁じ手だ!」と言われれば返す言葉がないが)。
 いいんです、原作を愛する者ならばその気持ちはわかるから。
 というわけで、やはり「ダメダメだけどキライになれない」映画でしたよ。

ラベル:映画館 日本映画
posted by かしこん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック