2010年11月19日

あの〜、もしかして、クーデターしてほしいんですか?

 あたしがパソコンを開いてネットに接続するのはだいたい夜中である。
 仕事で遅くなったり、映画で遅くなったり、たまに早く帰ってきてもたまりにたまったHDDから海外ドラマなどを見なければならないのでTVはあくまでDVDモニターと変わらない。
 なので、ニュースに触れるのはネットを開いてから(もしくは携帯電話の待ち受け画面に電光ニュースが流れるのを見たとき)。 何度も言ってますが、あたしはいちいち政治やら事件やらに心を乱されたくないのである。 なのに、なんでこんなに毎日毎日いろいろ起こるのか。
 なんかもう、怒りを通り越してペンを放り投げたい気持ち。
 今日はもう「おわび」・「陳謝」の文字が並びまくりで・・・どの記事から読んでいいかわからなかったじゃないか。
 とりあえず、「法務大臣が国会を軽視する軽はずみな発言をしたことによりお詫び → 問責決議案が提出」
 そうかと思えばその法務大臣を厳重注意したという官房長官が「自衛隊は暴力装置」と発言、自民党議員の抗議を受け撤回・謝罪。 自衛隊の最高司令官は総理大臣だぞ、ということで総理大臣もまたおわび。
 なんというか・・・民主党の「おわび」ってほんとに「口だけ」って感じなのよね〜。
 いったいどこから「自衛隊は暴力装置」などという言葉が出てくるのか? 赤い人に真剣に反論しても意味ないが、自衛隊は人助けしかしてないだろう・・・。
 くそー、今度の休みに国会TVで確認してやる。 しかしこの失言ともいえないレベルの低い発言ばかりで、自民党時代だったらマスコミから袋叩きじゃないの? なんで追求が(産経以外)手ぬるいの?
 で、msn産経ニュースからこんな記事を見つける。
 「暴力装置」コメントのきっかけはこの件らしい。

 防衛省は18日午前、自民党が党本部で開いた国防部会で、自衛隊が主催する行事で参加者に政治的発言をしないよう要請させる事務次官通達を出していたことを正式に認めた。
 自衛隊主催の行事での来賓ら部外者の発言について概要を記録し、防衛省に報告するよう指示する防衛省文書課長名の「事務連絡」も明らかにされた。
 通達はいずれも10日付。事務次官通達では、3日に航空自衛隊基地で開かれた航空祭で民間団体会長が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で政府を批判したことについて「(自衛)隊員の政治的行為の制限に違反したとの誤解を招くような極めて不適切な発言を行った」と指摘。
 自衛隊主催の行事について、参加者に「隊員が政治的行為をしていると誤解を招くようなことを行わないよう要請」し、誤解を招く恐れがある場合には「参加を控えてもらうこと」を指示している。隊員が部外団体が主催する行事に参加する場合にも内容を確認し、確認できない場合は参加を禁じている。
 来賓の発言を記録するよう求めた通達では、自衛隊施設内で開催される行事を対象に「(参加者が)挨拶を述べた場合には、当分の間その概要を作成し、文書化に提出していただきたい」と求めている。
 これに対し、出席議員からは「言論統制だ」「憲法が禁じる検閲だ」との批判が相次いだ。
<2010.11.18 11:50 配信>

 ちなみに、その「通達」のきっかけとなったと思われるのがこれである。

 民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が今年7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をしていたことが17日、分かった。防衛省幹部や、自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかにした。
 入間基地では今月3日の航空祭で、航友会の会長が「民主党政権は早くつぶれてほしい」と発言。これを受け、防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。松崎氏は会場で会長の発言も聞いており、周囲に強い不快感を示していたため、「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。
 松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。
 ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。
 別の隊員が松崎氏の秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「二度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう一度、言ってみろ」と迫ったとされる。こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。
 松崎氏は産経新聞の取材に一連の発言をすべて否定し、「(隊員の)体には触れていない」と述べた。一方、「(受付を通り越して)駐車場でしか車を降りられないなど誘導システムが不適切だと指摘はした」と説明し、「隊員に二度と来るなと言われたことも事実。(自分は)何も言っていない」と話している。
<2010.11.18. 7:57 配信>

 あのですね、常識で考えて、何もしてないのに、何も言ってないのに「二度と来るな」と言われることはないでしょうよ。
 しかも車までの距離はたかだか30メートル!(300メートルじゃありませんよ! そして300メートルだとしても大した距離ではない)
 そんくらい歩け!
 うわーっ、民主党の議員のレベルの低さがあっさり露呈してますな〜。 「俺を誰だと思ってる!」的なことをいう奴は小物であると世間では判断するんですけど知らないんですか?
 なんかあたし、中国の最近のエピソード思い出しちゃったわ(酒酔い運転で大学構内を走り回り、女子学生二人をはねた運転手は「俺の親父は○○○(政府の高官)だぞ!」と怒鳴って開き直った、という話)。
 そしてこれが問題視されたという自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が話した一部である。

 「領土問題がこじれたのは、民主党の責任である。 菅政権は冷静だと言われているが、何もしないだけである。 柳腰外交、中国になめられている等の現状に対する対応がなされていない。 このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない。 こんな内閣は間違っている。 まだ、自民党政権の内閣の方がまともだった。 現政権の顔ぶれは、左翼ばかりである。 みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう。 皆さんそうでしょう。 民主党政権では国がもたない。」

 ・・・別に、特に間違ったこと言ってないけど・・・。
 すくなくともちょっと政治に興味がある普通の人は、だいたいがそう思ってると思います。
 なんなんですか今年、「売国奴」とか「アカ」とか「言論統制」とか、もう死語だと思っていた言葉が次々蘇ってくるのは。

   本家ゴーマニズム宣言.jpg とりあえずあたしは、これを読んで勉強しますわ。
 まだまだ知らないことが多すぎる〜。

posted by かしこん at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック