2020年11月28日

ときどき、トレンドワードに盛り上がる

 木曜日の夜(正確には金曜日に切り替わったあと)、ツイッターのトレンドワードに<孤独のグルメ>を発見。
 「えっ、この時期にトレンド入りしているということは、今年も大晦日スペシャルをやるのか?!」、思わずクリックし、その旨を肯定する松重さんのツイートを見る。 「おおーっ!」と地味に盛り上がる。
 常にトレンドワードをチェックしているわけではないのだが、たまにリアルタイムに近いタイミング気づけるとうれしい。
 翌日、仕事のツイッターチェックのときに、<バイプレイヤーズ>がトレンドに上がっている。
 「え、どういうこと? 第三弾をやるっていう噂、マジなの? 漣さんなしで『バイプレイヤーズ』を続けるの?!」
 仕事中だが、クリックしちまったよ。 ざざっと目を通し、光石さんのコメントに「あー、わかるー」と頷きながら、仕事に戻る。 残りは家に帰ってからだ。

  20201127バイプレイヤーズ映画化告知1.jpg なんていい写真なの。 トモロヲさんの隣が漣さんのポジションか。
 みなさん単独で常々いろんな作品に出てらっしゃいますが、揃って見られるのがうれしい(同じドラマに出ててもせいぜい二人だし、同じシーンにいるとは限らない)。 勿論、実力もあって味のある俳優は彼らだけではないので、この4人にこだわる必要はないと言われればそれまでではあるのですが(寺島進さんは実名で演じることに悩んで、シーズン1で卒業したらしい。 それはそれで俳優として大きな決断)。

  20201127バイプレイヤーズ映画化告知2.png 追加キャストとして発表されたみなさん。
 いまや役者の人たちもツイッターやインスタをするようになった時代、寺島さんの葛藤は他のみなさんにはないor承知の上なのかなぁ。 いろんな人が出てくれるのはうれしいのですが、隔靴掻痒にはならないだろうかという余計なお世話・・・観たらいいことなんですけど。
 2021年1月スタート!

 あと、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ、グリンデンバルド役がジョニー・デップ降板によりマッツ・ミケルセンに正式決定、というのもありましたね。 日本のマッツ・ミケルセンファンの熱いコメントに、あたしも胸アツ。

posted by かしこん at 15:08| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする