2020年10月18日

なつかしの『24』

 ほんとにやったんだなぁ、『24』の日本版リメイク。
 関西では金曜日深夜、『探偵!ナイトスクープ』のあとの放送なので24時を回ってからのスタート、時間が遅すぎるという声もありますが・・・なんかたまたま、先週は初回をリアルタイムで観ちゃいました(一応、録画セットはしてあった)。

  24JAPANP.jpg 事件はリアルタイムで進行中
 冒頭の「倉庫に突っ込むトラック、倉庫内で棚が一個倒れる」の図には目が点になりましたが・・・思いのほかオリジナルの『24』Season1の第一話をかなり忠実に再現してるじゃん!、とびっくり。 でもちょっと時代的に古いと感じてしまう部分もあり・・・高校生が友だちの家の電話番号をメモるだろうか? 祖母がお菓子を作っている孫に「いいお嫁さんになるわ〜」って言うのも・・・脚本は長坂秀佳か、意図的なのか微妙なところだ(第二話ではポリコレに配慮したっぽい台詞があったので、おばあさんの頭が固い設定であるということで)。
 キャストのみなさんががんばっているのはすごく感じるのだが。 時間をカウントするデジタル時計、どうせならオリジナルと同じにすればよかったのに・・・。
 ただ本家『24』って、Season1を経ての2と3の盛り上がりが素晴らしかったので(1は打ち切られる可能性も考慮に入れて、12話で一回話が落ち着いているし)、Season1だけリメイクしても『24』の面白さは伝わるのであろうか。

 で、ついオリジナル『24』Season1の第一話、無料放送中だったので観てしまった・・・。
  24 Season1.jpg わー、なつかしい。
 勿論、吹替版です。 ジャックの娘キンバリーの声は園崎未恵だったっけ、とか、誰が吹替担当だったかをしみじみ思い出したりして(小山力也のインパクト強すぎなんで)。 こっちの続きを観たくなっちゃうかも。 いや、どうせならSeason2だなぁ。

ラベル:ドラマ
posted by かしこん at 17:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | テレビ・テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする