2020年06月02日

あなたたちこそですよ!

 JR西のある電車に乗った。 ふと気づくと、普段とはちょっと違うアナウンスが耳に入る。
 さわやか系のはきはきとした喋り、でも押しつけがましくない穏やかさ。 だからすっと耳に入ってきた。
 「少しずつですが、日常が戻ってまいりました。 医療従事者のみなさまをはじめとして私たちの生活を支えてくださっているすべての方々に感謝を申し上げます。 ありがとうございます」
 うん、そうですね。 でも、列車運行に携わるあなたたちもまた、エッセンシャルワーカーではないですか! こちらこそ感謝です! でも自分たちのことには一切言及しないその感じに、なんだかあたしは泣きそうになってしまいました。
 「ですがこの先の第二派に備える感染拡大防止のため、時差出勤・テレワーク・マスクの着用・咳エチケットなど、みなさまのご協力とご理解をお願いいたします。 お客様にはいつもお願いばかりで申し訳ございません」
 お客様にはいつもお願いばかりで申し訳ありません!、ですと!?
 何をおっしゃるやら! “お客様”が結構いろいろとご迷惑をかけていることを知っていますよ!
 なんだかそのお気遣いにも、なんか泣けてくる・・・。

 そうだよ、大事なことはこういうことよね。
 他者へのリスペクト! 「自分はこんなに我慢しているのに」ではなく。 それぞれ個人の事情は誰にもわからないのだから、表面的な一部のことだけで勝手に判断するのは危険。 自分だって、一部を切り取られて他の人からどう見られるかなんてわからないし、短絡的な発想はしちゃいけない。
 こんな、敬意と気遣いを最初から示されたら、自分もそうしようって思うよね。
 プラスの連鎖、それこそはきっと分断を避けるためのいちばん手軽で簡単な方法。
 この電車に乗って、よかった。 このアナウンスを聴けてよかった。
 そんな6月のはじまり。

posted by かしこん at 03:21| Comment(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする