2020年03月24日

本場のミルクティー@リントンズ

 神戸阪急百貨店でのイギリス展になんとか駆け込む。
 目当てはミルクティースタンド。 本場のミルクティーが紙コップで手軽に味わえる、というやつ。
 紅茶やスコーンなども気にはなるのですが、じっくり話を聞いたり目を凝らす時間がない! とにかくこのティースタンド一択! 「少々お待ちください」と言われるも、それほど待った気がせずに出てきた。

  リントンズミルクティ2.jpg カップ、意外とでかい。
 しかもかなりしっかりしたつくり。 「熱いのでお気をつけください」と言われるが、カップを持つ手にはその熱さはあまり伝わっていない。 「砂糖は入っておりませんのでよかったらこちらをどうぞ」とスティックシュガーを示され、ジンジャークッキーも一枚くれる。 しかしまず紅茶を一口、とおそるおそるカップを傾ける。 熱い、けどうまい。

  リントンズミルクティ3.jpg 水色、濃いめ。
 紅茶の味も濃い。 アッサム・ウバ系っぽいけど、茶葉一種類ではない感じ・・・でも味は澄み切っている。 ブレンドか! ミルクの量はそんなに多くなく、少しの渋み・苦味・えぐみを緩和させる程度。 なんかこれは砂糖を入れるのもったいない! 紅茶の味だけで楽しみたい!
 お店の人に聞いたところ、茶葉はオリジナルブレンドですべてケニア産とのこと。 言われてみれば、前に飲んだことがあるケニア産紅茶と後味が似ている(言葉で説明はできないが、セイロンティーとは明らかに違う。 後味が華やかというか軽い感じなのよね)。
 とはいえティースタンドコーナーは狭く、席は人で埋まっていたのでコップを片手に会場をうろうろするも、飲みながら見て歩くのは難しい。 会場から出て、エスカレーター近くのスペースで(以前はイスなどがあったが、感染症対策のためか撤去されていた)立ち飲み。 あたしは猫舌だが、紅茶はやはり熱いうちに飲むのがおいしいのでがんばって飲む。
 あぁ、このレベルの紅茶を気軽に飲めたらうれしいのに。
 ちびちび、ぐびぐびと飲んでいたせいか、次第に汗だくになって体が熱い。 体温も代謝も上がって、気分も上向きになる!
 さすが、これが本場イギリスのミルクティーか!
 あ、でも残念。 これは夜ではなく朝に飲みたい感じだったな・・・カフェインのせいか夜、更に眠くない・・・。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする