2020年03月02日

三つ編み/レティシア・コロンバニ

 フェミニズム文学は全部読む!、ということはないあたし(むしろそういう人たちが激賞していると気後れする)。 ナオミ・オルダーマンの『パワー』も少し前から存在を知っていたけれど、やっと読んだのは「SFとして」。 まぁ、考えすぎなんですけど。
 そんなわけで評価の高い『三つ編み』、ハヤカワだから、で読んでみた。

  三つ編み レティシア・コロンバニ.jpg 髪の毛は、本作では女性性の象徴。
 インド、不可触民のスミタは娘を学校に通わせ、自分とは違う人生を歩ませてやりたいと強く願う。 イタリア、父が経営する毛髪加工工場で働くジュリアは父親が倒れたのを機に工場をどうするのか決断を迫られる。 カナダ、弁護士のサラはシングルマザーだが、事務所ではプライベートは見せずに出世してきたのに、がんと診断される。
 まったく違う土地・環境に住む、年齢もバラバラな三人の女性のそれぞれの人生が交差していく物語。

 作者はもともと映画監督らしく、文章はシンプルだし、三人の女性の姿をカットを切り替えるように描写していく。 あまりにさらっとしているのでどこか物足りないほど(214ページですしね、さらっと読めてしまいました)。 その分、行間が広いのだけど・・・スミタ、ジュリア、サラそれぞれに起こる出来事に対して読者は大変腹が立つわけですが、「すごく腹が立つ」というこっちの気持ちを共感してもらう部分があまりないので(作者としては読者を信頼して、そんな目に遭っている人がいたら助けてあげてくださいーー自分もまたいつどこでそういう境遇になるかわからないのだから、と言っているのであろう)、若干フラストレーションが。
 結局、それは個人の戦いなのか。 でも共闘したっていいじゃないの。
 あたしはもっと書き込まれているほうが好きなのだが(自分も文章長いし)、行間が広くてあえてさらっと書いてしまう人には絶対かなわないと思う。
 作者自身による映画化プロジェクト進行中とのこと。 映画なら、フラストレーションは感じないかもしれないなぁ。

ラベル:海外文学
posted by かしこん at 02:31| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする