2020年02月03日

配信はおおいそがし

 WOWOW加入者は<WOWOWメンバーズオンデマンド>という配信サービスを受けられるのだが・・・。
 ふと、“ドラマ”のページを開けたら、ちょっと懐かしい警察ドラマがドカンと配信を開始していて。

  20200202WOWOWオンデマンドドラマ.jpg こんな感じで。

 『刑事ヴァランダー 白夜の戦慄』、『主任警部アラン・バンクス』、『ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン』などなど・・・(全部日本語吹替版である)。
 昨年末には『新米刑事モース』・『刑事モース』も全シーズン配信されて「おぉ!」となったばかりなのに。 『モース』はまたNHKBSプレミアムで放送がはじまるからWOWOWの権利が切れるとかあるのかな。
 なにしろヴァランダーは原作をだいぶ端折っているけど、ケネス・ブラナーが惚れ込んだだけあって魂の部分は通じている。 スウェーデンオールロケなので風景や空気感、空の色が素晴らしい。 アラン・バンクスはドラマを観て原作を読みたくなって、邦訳出ているものを探しまくった。 質が高いものはそういう衝動を生む。 だから繰り返し観たくなる。
 しかしあたしはそういう配信をノートPCで受け取るわけで。
 つい別のことしちゃうよね〜。 日本語で喋ってくれるからわかった気になるよねぇ(少なくとも一回以上は観ているからストーリーもわかっている)。 でも繰り返しで観ることで前回気づかなかったことに気づくのに、あまり映像を観てないまま終わってしまうという・・・ダメじゃん。 吹替の方の声を楽しむ感じになっているよ・・・。

ラベル:海外ドラマ
posted by かしこん at 01:29| Comment(0) | WOWOW・CATV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする