2020年01月21日

温泡ぜいたくはお湯がトロトロ

 毎日は時間的に難しいが、一日おきとかで浴槽にお湯を張り、入浴剤生活を続けている。 おかげで、「なんか冷えた?」と思うと早く帰ってお風呂につかりたい!、という衝動が沸き上がるようになってしまった。
 というわけで、先日買った<温泡ぜいたく華蜜>から使用開始。 あかしあ蜜・ふじ蜜・ばら蜜・れんげ蜜の順。

  温泡ぜいたく華蜜.jpg 結構ハチミツの香り!
 特に最初、お湯をためている間は浴室の換気扇を止めていたので、お湯の量半ばぐらいで錠剤を放り込んだ後、数分後に浴室に飛び込んだら湯気で視界は真っ白、ハチミツらしき香りが充満していた。 あかしあは華やかな香りがあるからかなぁ。 それに比べてふじは奥ゆかしげだった。
 どれもお湯はとてもトロトロである。 浴槽の床がいささかぬるぬるするほど(滑りやすいのでお気を付けください的な注意書きが)。 これ、終わった後の掃除が気持ちちょっと大変・・・湯垢のぬめりと混同するのイヤ、と必要以上にスポンジで磨いてしまう。
 しかしトロトロ湯のかいあって、あったまった感が湯上り後も結構持続する感じ(お風呂掃除で汗をかいたせいじゃないよね)。

 温泡のシリーズなら森シリーズの針葉樹や濃緑あたりも好きなんだけど、こっちはお湯がさらっとしてるけど、あったまる(半身浴で汗がドバドバ出る)ような記憶。 浴槽洗いも簡単だったな・・・。
 それぞれもちろんいいのですが、ちょっと森が恋しくなってきたな・・・。
 どっかでばら売りしてないかな・・・(そもそも最初に買ったのはばら売りだったような、3個100円とか)。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする