2020年01月13日

バナナクリーム・パイが覚えていた/ジョアン・フルーク

 「今回もレシピ多めだわ」とパラパラめくって思う。
 <お菓子探偵ハンナ>シリーズ20作目、読んでいるとアメリカンカントリークッキーやフルーツパイなどが食べたくなる存在で、コージーミステリとしてはいちばんではないかと思っていた。 しかし今回やたらと違和感。 出版社が変わったから文字のフォントや行間が違うせいか?

  ハンナ20バナナクリームパイが覚えていた.jpg あぁ、バナナクリーム・パイ食べたい・・・。
 ハネムーンのためミネソタ州のレイク・エデンを留守にしているハンナ。 そのあいだに母ドロレスが隣人の遺体を発見してしまう。 殺人だと知ったドロレスはハンナに帰ってきてもらい、事件を解決するように頼む。 現場にはハンナの店<クッキー・ジャー>のバナナクリーム・パイが残されていて・・・という話。

 あたしはハンナの母ドロレスが苦手で・・・シリーズ初期の頃はハンナも母に対する複雑な思いを抱えていて、母親とよく似たすぐ下の妹アンドリアとの関係を再構築していくことで、ハンナとアンドリアがそれぞれ母親について客観的に見られるようになる、というところがよかった。 田舎町で自分の仕事を持ってやっていくということは苦手な母親とも付き合っていかねばならないわけで、親の願う子供の姿と自分が違っていてもいい、と納得していく過程に共感していたのかもしれない。
 で、まぁドロレスもちょっとは反省(?)して、ハンナのハンナらしいことを受け入れて和解した・・・ような中盤以降、すっかり仲良し母娘みたいになっているというか、大学生の下の妹ミシェルが戻ってくる時間が多くなってからドロレスのダメなところは笑い話のネタ扱い。 その間にドロレスはリージェンシーロマンス作家になってお金持ちのドクターと再婚、一気にリッチな生活を送るようになっているという・・・税金の申請書類に頭を悩ませ、町のクッキーショップとしてどうやってやっていくか節約してきたハンナの姿はなんだったのか。 そりゃ毎日のように会うかもしれない母親にうんざりしていると精神衛生的によくないから、割り切ってしまったほうが自分のためというのもわかるが。
 時間もたって内面的な成長も見せているというのに、<イソノ界>にいるかのように年齢が加算されないことにさすがに納得がいかなくなってきたらしい(約20年、ハンナはずっと30歳前後である)。 あと、ミシェルが出てくるようになったらアンドリアの出番が急激に減るのもなんだかな。
 ということで、微妙に降り積もっていた違和感が今回噴出してしまったのは、独身のときのようにふるまえないことにストレスを感じるハンナが、夫が同じようにふるまうと責める気持ちになるところ。 え、それはあまりに勝手じゃない?(そのことにハンナが気づいていないから余計に)。 そんなに真剣になることではないのだが・・・なんだかな、と。
 まぁこれも次回作につながるのかもしれないが・・・今回「これだ!」というレシピもなかったので、ちょっとがっかり。

posted by かしこん at 18:41| Comment(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする